クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

BMW530eも、早いもので1年点検の時期になりました。

この1年で5,700kmしか走ってないので、特に不具合もありません。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

BMW530eはプラグインハイブリッドですが、ちょっとした実験をしてみました。

トヨタのハイブリッドの場合、市街地では発進加速はモーター、負荷が少なくなるとエンジンを併用して走行し、負荷が一定になる高速ではエンジンがメインになり同時にバッテリーへの充電も行われたりと、車速や負荷に応じて電気が有利な場合とガソリンが有利な場合で適した動力源にこまめに切り替えてくれます。

ところが530e場合、市街地であろうと高速であろうと、バッテリーの残量があれば使い切るまでひたすら電気で走り続け、バッテリー残量がなくなるとエンジンだけで走ります。

なので、動力切り替えを車に任せてしまうと、ガソリン消費の少ない高速で定速巡航しているうちにバッテリーを使い切ってしまい、高速を降りてモーターで走って欲しい場面でエンジンだけで走りガソリンを多く消費してしまうので、それほど燃費がよくならないという。

対策として、手動でこまめに走行モードをHYBRIDやSPORTに切り替えて、エンジンを使うか使わないかを選んでいます。

ただ、見方を変えると、530eの場合はバッテリー残量があるうちはエンジンは回らないので、バッテリーを使い切る前に充電して電気だけで走ればガソリンを使わずに済むんじゃないか?

BMWの新車を買うと1年間充電費用が無料になるキャンペーン中ということもあり、電気代ゼロでどこまでも走れるかも?!

という訳で、電気だけで走るチャレンジをしてみることに。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

BMWに乗り換えてから、気になることが。

一人で運転していると、助手席から何かが当たっているようなカタカタという異音がするように。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

先日、BMWからメールが届き、アンケートに協力してほしいらしい。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

BMW 530eにはディスプレイ付きのスマートキーが付いてるんですが、これ、キーに直接充電しなくてはなりません。

ところが最近、充電をサボってしまい、乗ろうとしたらバッテリー切れでドアが開かなくなってしまうという。

とりあえず、アプリからネット経由でドアロックを解除して乗り込み・・・

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

うちのBMW 530e(G30)ですが、エンジンを切り運転席のドアを開閉してもオーディオが消えません。

ディーラーに聞いたら「BMWはSTART/STOPボタンを2回押さないとオーディオが消えないんですよ~」と言うので、やってみたところ・・・

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

530eのガソリン残量が少なくなり、給油をどの辺まで粘れるかを試してみることに。

燃料計の針が赤いところまで下がり、バッテリー残量もなくなったところで、航続距離50kmと警告が出た。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

530eのエアコンの操作パネルは物理スイッチとタッチパネルが併用されており、物理スイッチは運転中でも手探りで操作できますが、タッチパネルだと一度直接見ないとボタンが押せません。

シートヒーターやシートベンチレーターを操作しようとするとタッチパネルのボタンを一度見ないといけないし、また、走行中の揺れで間違えて隣のボタンを押してしまうこともしばしば。

 クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

現行モデルのBMWには、高速道路でアクティブクルーズコントロール中に時速60km以下になると、ハンズオフ運転ができる機能があります。

先日、ちょうど新名神高速を走っているときに渋滞にハマってしまいのろのろ走っていると、メーターに ASSIST PLUS READY の表示が出る。

おでかけ, クルマ@BMW5シリーズ_G30_530e

この前、530eで大阪~横浜を往復しましたが、高速メインの燃費でかなり気になることが。

まずは前回、東京往復した時は高速をSPORTモードで常にエンジンで走りましたが、往路は597.4km走って給油量は39.77Lだったので、燃費は15.02km/L。

電気走行分を引いたガソリン走行分の燃費は14.43km/Lでした。