乗り物@バス,記事リンク有

大阪・北摂地区を中心に、阪急沿線の地域の足となっている阪急バス。

その阪急バスの最北端だったバス停が、兵庫県丹波篠山市にある『後川(しつかわ)』

バスマニアな私、2013年にこの阪急バス最北端バス停へ乗りバスの旅に行きました(記事)。

それから7年が経った先日、丹波篠山からの帰りに後川バス停の前を通ったんですが、なんとバス停がなくなってるじゃないか!(;゜0゜)

 乗り物@バス, おでかけ@DISNY

羽田空港に着陸後、東京ディズニーランド方面行きのリムジンバスをweb予約。

 乗り物@バス,出張@国内

先日、東京ビッグサイトへ行った時に東京駅から乗った都バスが、トヨタの燃料電池バス「SORA」でした。

 乗り物@バス,出張@国内

大阪→東京高速バス紀行 その1からのつづき

大阪から名神ハイウェイバス超特急2便で一旦名古屋まで行き、名古屋で東名ハイウェイバスに乗り換えて東京へ向かいます。

名古屋駅12:00発、新東名スーパーライナー16号で東京駅へ。

 乗り物@バス,出張@国内,記事リンク有

最近、東京出張ではスケジュールの都合で新幹線か飛行機ばかりになってしまいましたが、今回の東京出張は夕方に東京駅に着けばよかったので、久しぶりに高速バスを使うことに。

大阪ー東京間の昼行便といえば、JRハイウェイバスの東海道昼特急。

2014年に東京から大阪へ行く時に使ったことがありますが(記事)、今回はその逆ルートを辿ってみようと思ったところ、最近はずいぶん高速バスの利用者が多くなったようで、丁度いい時間の丁度いい座席が空いてないという。

そこで、東海道昼特急一本ではなく、一旦、名神ハイウェイバスで名古屋へ行き、名古屋で東名ハイウェイバスに乗り換えて東京へ行ってみた。

大阪の起点は大阪駅ではなく、千里ニュータウンから超特急2便を高速バスネットで予約。

定刻7:50発のところ、4分遅れで到着。

なんと新車のエアロエース!

 乗り物@バス,出張@国内

幕張メッセからの帰路、京成バスで海浜幕張駅へ。

 乗り物@バス,出張@国内

東京モーターショーを堪能して、大阪への帰路へ。

帰りも羽田から空路なので、東京ビッグサイト青海展示場から羽田空港までどうやって行こうかと思ったのですが、もう歩き疲れて考える気力がなくなり、流れるままゆりかもめのお台場海浜公園駅へ。

思ったより駅までの道のりが遠かったのですが、お台場海浜公園から新橋へ出て、浜松町からモノレールで羽田空港まで行くことに。

 乗り物@バス,出張@国内

羽田空港へ着いたあと、リムジンバスで東京ビッグサイトへ向かいます。

JALで羽田へ行くと第1ターミナルですが、空港バスは先に第2ターミナルで乗客を乗せたあとに第1ターミナルへ来るのでお気に入りの席が選べないし、下手すりゃ満席で乗れないことも。

そこで今回は、第2ターミナル9:35発のバスを、事前にリムジンバスのサイトからWeb予約しておいた。

 乗り物@バス, おでかけ@DISNY

東京ディズニーリゾートで夢の国を満喫し、悲しいかな現実へ戻ります。

帰路は東京ディズニーランドホテルからバスで羽田空港へ。

ディズニーランドから羽田空港行きのバスに乗ろうとすると先着順ですが、ディズニーランドホテルからは予約して乗れるので、ホテルのベルデスクで予約してチケットを購入。

おでかけ, 乗り物@バス

伊丹からの最終便で羽田空港に着いた後、リムジンバスで新浦安駅へ向かいます。

週末の夜の羽田空港は予想以上に混雑していたので、慌ててバスの乗車券を買おうとしたら、すでに到着ロビーのカウンターや券売機には長蛇の列が。

まだ券売機より列が短かったカウンターに並び、何とか22:15発の乗車券を買う。