青春18きっぷで鈍行旅行 鳥取編 ~その2~ 城崎温泉から鳥取へ

おでかけ, 乗り物@鉄道(JR)

青春18きっぷで鈍行旅行 鳥取編 その1からのつづき

大阪駅から城崎温泉駅までやってきました。


城崎温泉駅からは、11:56発 普通 鳥取行きに乗り換え。

福知山駅10:11発城崎温泉行き → 城崎温泉駅11:56発鳥取行きの乗り継ぎは、関西から山陰方面へ鈍行旅行をする時のお決まりのルートで18キッパーの同志も多いだろうから、もし福知山駅からの乗客が同じ列車に乗り換えるとなれば、座れないかもしれません。

大垣バトルほどではないけれど、急いで階段を駆けのぼり隣のホームへ行くと、すでに2両編成のキハ47が入線してましたが・・・

結局、乗り換え客はそれほど多くなく、階段に遠い方の車両では余裕で海側の席に座れた。

ワンハンドルの運転台が多い中、マスコンとブレーキレバーの運転台は今や癒し系。

シートのモケットは張り替えられたとはいえ、固定のボックス席は占有さえできればゆったりしてていい。

後付けのクーラーはあるものの、扇風機もまだまだ活躍中。

11:53に、新大阪発特急こうのとり3号が城崎温泉駅に着くと、特急からの乗り換え客がなだれ込む。

11:56、定刻に発車すると、しばらくは山の中を進む。

城崎温泉駅までは225系や223系のボルスタレス台車の軽やかな音でしたが、キハ47は鋼製車体とボルスタ台車の音、ディーゼルエンジンの唸りが心地いい。

単線非電化の地方路線に乗ると必ず見かける複線電化を望む看板、山陰本線にもありました。

雪国には必須の除雪車も、夏は出番もなく留置されている。

柴山駅はかつて、2面2線で長編成列車が列車交換できましたが、今では海側ホームが閉鎖され、その名残だけが見られる。

駅が少し高台にあるので、海も見えてくる。

香住駅ではカニで有名なだけに、改札の上のカニの看板には『カン迎』と書いてありますが、『ン』の字が『ニ』に見えるような微妙な書き方になっており、『カニ迎』と見えるという。

山陰本線の名物、余部鉄橋を渡ります。

動画で撮ってみましたが、現在のコンクリート製の新橋ではあまり迫力を感じず。

旧鉄橋も一部が残されていて、見物客も多い。

橋を渡ると餘部駅に到着。

餘部駅は、同じ兵庫県内の姫新線にある余部(よべ)駅と区別するため、旧漢字にしたんだとか。

今度、餘部駅へ見物に来たいな。

山陰本線兵庫県内の最西部の駅、居組駅。

駅の周辺には民家はなく、なかなかの秘境駅。

今度、ここにも降りてみたい。

居組駅を出ると県境をまたぎ、鳥取県へ。

山陰本線鳥取県の最東部の駅、東浜駅に到着。

気が付くと、大岩駅の駅名標は黄緑色に変わってた。

福部駅では、キハ126系と行き違い。

関西では見ない車両なので、なかなか新鮮。

城崎温泉駅を出てちょうど2時間、2分遅れの13:56に鳥取駅に到着。

非電化の鳥取駅は、朱色が鮮やかなキハ天国。

ここで一旦改札を出ます。

コンコースには、鳥取砂丘の砂で作ったかどうかはわかりませんが、名探偵コナンの砂像が。

鳥取市内を観光したいところですが、すぐに次の列車に乗り継がなければならないので、再び駅へ戻ります。

という訳で、城崎温泉駅から鳥取駅までの道のり。

その3へつづく

おでかけ, 乗り物@鉄道(JR)

Posted by osokuji