静岡&神奈川へ日帰り出張

 乗り物@新幹線,出張@国内,記事リンク有

インフルエンザが完治し、いきなり静岡と神奈川へ日帰り出張。

最近、静岡県へ行く時は、新大阪6:27発のひかり506号が定番ですが、真冬のこの時期、関が原あたりの雪で新幹線が遅れることもしばしば。

過去にこんなこともあったし(記事)

なので、今日は少し余裕を持って、1本前のひかりに。

6:08発ひかり504号。

新大阪発東京行きひかりの始発列車。

静岡からは東海道線を上り、最終的に新横浜から帰るので、ホントは新大阪から新幹線&静岡から在来線経由で新横浜までの片道乗車券を買いたかったところですが、朝、新大阪に着いたのがちょうど6時で、みどりの窓口に並ぶ時間がなくなってしまう。

仕方がないので、券売機でEX予約した特急券を受け取りつつ乗車券を買うことに。

しかし、券売機では新幹線下車駅から接続する在来線の駅までしか買えないのか、静岡から東海道線と横浜線を乗り継いで新横浜行きの乗車券が買えない。

そうこうしてるうちに刻々と発車時間が迫り、これ以上券売機を操作してる時間はないので、仕方なく静岡から東海道線経由で最初の下車駅である三島までの乗車券を買い、急ぎ改札へ。

新大阪駅では新たにホームを増設工事中ですが、駅の案内板には現在の上り方の末端26番線の隣に27番線が書かれてあるみたい。

もちろんまだ目隠しされてますがね。

N700系 Z25編成。

今日は静岡で降りるので普通車で。
N700系なので壁際席に座る必要はないのですが、つい700系のクセでいつもの13号車1E席を予約してた。

でも、パソコンの電源を取るんだったら、足元のコンセントより壁際のコンセントの方が便利。
足元のコンセントから取るとACアダプタが宙ぶらりんになってしまうけど、壁際から引くと、ちょうど座席の背もたれにアダプターを置けるし。

ひかりの始発列車なので普段はわりと乗客は多めですが、今日はなぜか他に乗客はおらず、新大阪を出発した時には貸切状態。

京都や名古屋でもそれほど乗客は増えず、浜松でようやく窓際席が全部埋まる感じ。

岐阜羽島では、向かいのホームにN700系が回送留置されていた。

岐阜羽島を出てVVVFのモーター音がまだ変調してる頃、名神高速と並走。

名神を必死のパッチで飛ばしてるクルマを横目に、N700系はまだまだ巡航速度へ達していなくとも、あっさりとブチ抜く。

木曽川を渡り愛知県に入ると、まるで線を引いたかのように急に霧が立ち込め、車窓からの視界がほとんど遮られるほどの濃霧に。

ところが、清洲あたりで東海道線と並走すると、何事もなかったかのように急に霧が晴れる。

雪の影響を心配して1本早いひかりに乗った訳ですが、静岡から東海道線に乗り換えると結局、いつもの普通沼津行きに。

三島駅では、新幹線の発車案内の電光掲示板が地べたに置かれているのにビックリ!

地べたに置かれた状態でしっかり稼動してるし。

ほぼ間違いなく見上げるタイプの掲示板ですが、上から見下げるのも珍しい。

その後、神奈川県内をうろうろして仕事。

帰りは新横浜から新幹線に。

はじめは羽田からJALに乗って、年初搭乗のボーナスマイルをもらおうかとも思ったんですが、仕事が終わる時間から逆算すると伊丹便の最終に乗れるかどうか微妙だったので、ボーナスマイルは次の機会に。

新横浜19:52発、ひかり529号。

このひかりもN700系で、Z17編成。

IC早特でグリーンに乗るために、帰りもひかりにした訳で。

予約はいつも座席表を見ながら好きな席をリクエスト。
今回は9号車14番A席。

 

ところが!

 

実際に座ったのは、8号車2番D席。

この席は一般発売に制限が掛かっている、いわゆる「車掌持ち」の調整席。

いろいろある”万が一”の場合のために発売せずにわざと空けておき、車掌の判断で使える座席があります。

その調整席に座ってるということは、その”万が一”が起こったということで・・・

8号車と9号車間の扉から車内へ入り、私が自分で選んだ9号車14番A席へ歩いていくと、なんとそこには、

すでにオッサンが座ってるじゃないか!

あれ、何か間違えたかな?

と思いつつ、少し行き過ぎて列車名と号車、座席番号を確認すると、間違ってはいない。

しかも、私の席である窓際のA席だけでなく、その隣の通路側のB席にもスーツ姿のオッサンが座っており、通路を挟んだC席にも、その連れと思しきおやじが座ってる。

ちょうど↓こんな感じ。
D席○● ●●A席

見たところ、A席に座ってるのが一番偉い奴で、B席C席におるのがその取り巻きみたいな。

さらにこの3名ですでに酒宴が始まっとるし!

こんな状況で数で負けている中、A席のオッサンに確認するのもコワイ。

それで首尾よく我が座席を奪還できたとしても、

そのオッサンの温もりを感じて座るのは絶対にイヤだ!

辺りは酒と安物のツマミのニオイで汚染されており、酒が入ってる3人組の中に割り込んで座ることにもなる。

グリーン車で隣席に人がいるなんてもってのほか。

それが嫌だからわざわざ金出してグリーンに乗ってんのに。

相手はすでに酔っており、無駄なトラブル回避のため8号車の車掌長のもとへ。

ちょうど8号車から検札を始めるところだった車掌長を捕まえ、ICご利用表を見せ

この席に先客が座っていて、すでに酒宴が始まっとる!

と伝えると、席番を確認し、調整席へ座るよう案内される。

しばらくして検札を済ませた車掌長がやって来て、

先に座られてた方ですが、別の列車の切符を持ってました

と報告いただいた。

天然ボケで列車を乗り間違えたのか、それとも確信犯で座ったのかは知らないけど、

耄碌ジジイは家で寝てろ、カス!

と言うてやりました、心の中で。

と、そんなハプニングがあり、改めて出張帰りの至福のひととき♪
13012418
今日のアテは、新横浜駅で買ったにぎり寿司。
しらすの軍艦巻きがおいしそうだったので。

これでホッとしたのも束の間、パソコンでこの紀行文を書いていて、ある異変に気付く。

それは・・・

いつもとは違う振動がある!

ということ。

車両全体にガタガタガタガタ・・・

という、まるで500系が時速300km走行したときのような振動があり、通路の自動ドアがバタバタと震え、カーブで車体が傾斜すると空調の吹き出し口あたりからギギギギギ・・・と異音がする。

(↑クリックで動画再生)

一回気になると、ずっと気になってしゃーないわ!

今までたくさん新幹線に乗ってきたけど、こんなハプニング初めてだわ。

 乗り物@新幹線,出張@国内,記事リンク有

Posted by osokuji