北陸新幹線開業前に乗っておく紀行 ~その13~ サンダーバードで大阪へ

 乗り物@鉄道(JR),出張@国内

北陸新幹線開業前に乗っておく紀行 その12からのつづき

北陸新幹線金沢延伸開業で廃止される列車や第三セクター化されるJRの在来線に乗りながら名残惜しんで来ましたが、金沢からは運転区間が短くなってしまう特急サンダーバードで大阪へ。

16:13発 サンダーバード36号。

ホームへ上がるとちょっとした人だかりができており、今まさにサンダーバードがドッキングするところ。

先に和倉温泉から来た編成の貫通扉が開き、連結器カバーが外され・・・

金沢で増結する編成が入ってくると、一旦止まってドッキング・ベイをOPEN!

向こうに止まってる普通列車の乗客も見てる。

貫通扉が開いたら、ゆっくり前進。

緑と赤の旗ではなく、トランシーバーで誘導。

密着連結器と電気連結器を同時にまじまじと見る。

密着連結器の先端が入り・・・

この時、密着連結器よりも電気連結器の方をじーっと見てたんですが、まだカバーは開いてない様子。

連結寸前に密着連結器の解放レバーらしきものが飛び出してきた。

ただ、電気連結器のカバーが開いた様子は見えないまま・・・

連結完了!

ドッギングシーンは、男子にとってはたとえ年を取ろうとも面白い(笑)

大阪へのラストスパート。

増結側の最後尾の車内は、サーモンピンクのモケット。

シート幅いっぱいまである幅広のテーブルは使い勝手がいい。

先頭車両の乗務員室側にはデッキがなく、行き止まり。

16:13に金沢を発つと、しばらく左に新幹線を見る。

小松駅前には、世界に名立たる小松製作所の『こまつの杜』があり、パワーショベルがずらりと並んでる光景は壮観。

ビルの3階フロアぐらいの高さのある超大型ダンプ『930E』も展示されていて、試乗もできるんだとか。

敦賀駅を出ると、上り線は急勾配を上るために衣掛山を1周する『鳩原ループ線』を通る。

正式には『衣掛隧道ループ線』というだけあって、ほとんどがトンネル区間ですが、わずかに明かり区間もありGPSをキャッチできた。

19:02 新大阪に到着。

埼玉まで北陸回りで往復しましたが、また行ってみたい駅もいくつかあり、なかなか面白い紀行でした。

その14へつづく

 乗り物@鉄道(JR),出張@国内

Posted by osokuji