S560で東北紀行の旅路まとめ

おでかけ, クルマ@メルセデス・ベンツ Sクラス_W222東北紀行202109

今回の東北紀行はS560で行きましたが、往復の走行距離はメーター読みで2220kmでした(マップでは少なめに出てますが)。


S560はオートクルーズにしておけば運転をほぼ車に任せて、運転手はオペレーターのように監視しておけばよく、R400のカーブでも曲がってくれるし、ウインカーを出せば車線変更も車がやってくれるので、走行車線のトラックに追いついても追い越しが楽チン。

動画でR600のカーブを曲がる様子と車線変更の様子を撮ってみたけど、iPhoneは動画にすると画角が寄ってしまうので、ハンドル全体が入らないんですよね。

↓R600のカーブを曲がる。

↓ウインカーレバーを操作すると、後方からの車が無ければ車線変更。

機能的にはほぼ自動運転でもメーカーは決して「自動運転」とは言わず、そのために手を離すとデッドマンスイッチのように15秒ごとにハンドルを持つように促します。

さすがに東北からの帰路はしんどかったのですが、あまり運転せずに済んだので疲労感はマシでした。

前は見てないとあかんので、一番目が疲れたかな。

東北へ出発前に満タンにして帰ってきてから給油したところ、今回の旅路で費やしたガソリンは205L。

燃費は10.8km/Lで、まあこんなもんでしょう。

今回、S560で遠出しようと思ったのは、年末には売却するのもありますが、8月のお盆前にフロントタイヤがダメになりやむなく交換したので、新品のまま手放すのがなんかもったいなくて(^_^;)

S560のフロントタイヤは14000kmしか持たないのですが、8月に東京ディズニーランドへ往復したのと、今回の東北往復でざっと3000km走ったので、タイヤのライフの14分の3は使ったことに。

まあ残り14分の11ぐらいなら7分山は残るので、こんなもんでええか。

タイヤもそうですが、やっぱりガソリンもよう減るわ。