校長から原稿書きを頼まれる

PTA

実は、夏休みに入った頃、中学校の校長から

ちょっとお願いがあるんですが・・・

と電話があった。

小学校の校長からはしょっちゅうお願いされてるけど、中学校の校長からはあんまり言われたことがない。

何事かと話を聞きに伺うと、原稿を書いてくれと言う。

何の原稿かといえば、府下の公立中学校の先生たちの教育研究会っちゅーのがあって、定期的に発行している『中学の広場』という冊子のPTAのページを埋めてくれとのこと。

テーマは、「いのち」「人」を大切にする心を育む学校づくり。

ハードル高すぎるやろ!

 

 

校長曰く、PTAの活動内容を1500字で書いてくれたらいいということなので、これならひと安心・・・

 

 

安心じゃない!(ToT)

 

 

しかも、学校関係の文書には独特の漢字とひらがなの使い方があって、これが何とも難しい。

例えば、
子供 はダメで 子ども

子供達
 は こどもたち

ともだち は 友達

出来る
 は できる

などなど、他にも盛りだくさん。

以前、小学校のPTAをした時にはこのへんの使いまわしはちょっと気にしたけど、今の中学校ではほとんどスルーやけどね。

中学校でPTAをして、いきなり配布プリントに 『保護者の皆様』 って書いてあったので 「これマズいんじゃないですか?」と聞いてみたら、「どこか?」って言われたし。

皆様 は みなさま って書けってことになってたので。

そんでもって夏休みの間に原稿書いて、バッチリ1500字にしてやりました。

で、原稿のことを半分忘れかけてた頃、校長から、この前の原稿のゲラがあがってきたので、校正をして送り返すように言われる。

自分の書いた原稿のゲラを見て、

我ながらよく書けてるやん!

と思ったり(笑)

冊子が完成したらもらえるみたいなので、記念にとっとこーっと。

PTA

Posted by osokuji