広島へ出張しがてら、新幹線ウォッチング

 乗り物@新幹線,出張@国内

今日は広島へ出張。

広島駅から在来線に乗り換えるので、EX-ICではなく切符で。


新大阪駅の改札を抜けるとまだ少し時間があったので、ちょうど東京行きのぞみ10号が到着した26番線に上がってみると、N700系営業用のトップナンバーZ1編成だったので、ちょっとテンションが上がってしまう私(笑)

N700Aがデビューし、従来型のN700系も”N700A化改造”されることになり、改造後は編成記号が変わるので早く遭遇したいなーと思ってたところ。

Z1編成を見送ると21番線へ。
10:26発、のぞみ13号博多行き。

普段、新大阪から西へ行くときは新大阪始発の列車に乗りますが、今回あえて東京発ののぞみをチョイス。

というのは、3月のダイヤ改正でN700Aの山陽新幹線への乗り入れが始まったので、まだまだ数は少ないけれど、あわよくばN700Aに乗れないかな~と企んだところ・・・

やって来たのはN700系、N7編成。

あ、そっち!

みたいな(^^)

東海道-山陽直通列車の新大阪での停車時間は2分あります。

しかし、どうも2分では足りないような感じ。

新大阪に着いたのぞみからの降車客がみんな降りるまでに2分近く掛かり、乗車客が乗り込む前に発車ベルが鳴ってしまう。

駅のアナウンスではしきりに

お近くの空いた扉からご乗車くださーーい!

と叫んでますが、客の立場からすると移動する間に乗れちゃうよ!となるわな。

結局、10:27:04秒にドアクローズ。

その後、新神戸ではさすがに遅れは戻らなかったけど、岡山には定刻に到着。


 

さてさて、広島での仕事を済ませ、帰りの新幹線はEX-ICで予約。

広島駅の在来線側の南口から入ろうとすると、在来線改札はEX-ICは使えないので、有人改札で入場証をもらって新幹線改札まで通り抜けます。

ICOCAやSuicaがあれば、在来線改札でICOCAをタッチして入場して新幹線改札で再びICOCAをタッチすれば、わざわざ有人改札で入場証をもらわなくてもいいらしい。

もちろんカードの残金は引き落とされない。

ただ、モバイルSuicaはダメなようで、入場証をくれました。

新幹線改札で入場証を投入しEX-ICをタッチすると、ICご利用票が出てくる。

広島19:08発、のぞみ60号東京行き。

帰りも、普段は新大阪行きのさくらやこだまに乗るところ、N700Aを期待して東京行きののぞみを取ったんですが・・・

やって来たのはN700系、N14編成。

行きも帰りも、あ~あ~ 日本のどこかに~ のN編成。

Z編成、N編成合わせ96編成あるN700系に対し、N700AのG編成は6編成で約6%弱の割合。

しかも、山陽直通のぞみとなると、さらに本数が減る。

そら、なかなか遭遇できないわな。

さて、N700系車内の両端部にはフルカラーLEDの案内板があり、駅間走行中はニュースや広告が流れます。

ここで日本旅行の広告に濃い青色の文字が使われてたけど、遠いところからだと字が見えないという。

肉眼では青文字の部分だけが見えなかったんですが、写真に撮って初めて何て書いてあるのかがわかった。

この色の使い方は考えた方がいいと思う。

20:35、新大阪に到着。
3月から使われ始めた新設の27番線。

新大阪駅で唯一、ホームドアがあるプラットホーム。

のぞみ60号の次に27番線から発車するのは、東京行きの最終列車、のぞみ64号。

のぞみ64号は混雑するので、27番線を使うのがいいのかも。

新大阪駅で他のホームにちょろっと行ってみたところ、23番線にN700A、G3編成が止まってた!

東京発ひかり523号新大阪行きとしてやって来て、すでに乗客を降ろし回送に。

さすが新しいだけあって、外周幌も天井も真っ白でピッカピカ!

ただ、今後はどんどんN700Aが増備され700系が置き換えられるので、これからは700系の方が少なくなってくる。

すでに定期のぞみの運用から外れましたが、臨時のぞみではまだまだ700系が走ることも。

今日はのぞみ408号にC24編成が就いていた。

700系ののぞみ方向幕は、だんだん見られなくなる。

とは言うものの、やっぱり新しいN700Aに乗ってみたいなぁ。

 乗り物@新幹線,出張@国内

Posted by osokuji