“さよなら500系のぞみ”を前に500系のぞみに乗る

 乗り物@新幹線,出張@国内

今月、0系がさよなら運転されたばかりですが、今度は500系がのぞみ運用から退き、8両化されて"500系こだま"として第二の人生を歩むこととなりました。

今では東京へ乗り入れる500系は一日2往復だけとなってしまいましたが、500系が都落ちするのも時間の問題。

実はこれまで500系に乗ったのは山陽新幹線のみで、東海道区間では乗ったことがなかったんです。
そこで、さよなら500系のぞみを目前に、東京からの帰りに乗ることにしました。

やっぱり500系はカッコエエわ。
今でも先頭車では記念撮影をする人でいっぱい。

このW8編成も、もうすぐ東京から撤退。
ガラスに映る"東京 “の文字も見納め。

16号車は、こだま化によって8号車になります。

13号車は5号車に。

13号車のパンタグラフは撤去されます。
“500系の新発明"のひとつ、翼型パンタグラフも見納め。

グリーン車の10号車は6号車の普通車指定席に。

グリーン車はなくなります。

車内のご案内も変わっちゃう。

ここに"のぞみ"と書かれることもあとわずか・・・

500系プチ引退を前に、乗り納めとおぼしき乗客が多かった。

デビュー後は世界一のスピードを誇った500系ですが、これがこだまになってしまうとはもったいないやら寂しいやら。

 乗り物@新幹線,出張@国内

Posted by osokuji