carecoでCH-Rを借りてみた

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

カーシェアのcarecoで、トヨタのコンパクトSUV、CH-Rを借りてみた。

今さらながらではありますが、デビュー当時はかなり尖がったスタイリングで思わず「ガンダムか!」と思ったりもしましたが、よく売れているせいで街中で頻繁に見かけるようになってくると、だいぶ慣れてきた。

凸凹が多いボディーラインで、洗車はしにくそう。

でも、カッコいいか悪いかで言えば、カッコはいい。

けど、くどい。

シートは適度にコシがあってシートバックのホールド性はいいものの、お尻のホールド性はいまいち。

リアシートは頭上、足元とも狭い。

かなりスタイリング重視に振ったせいでリアの居住性が犠牲になってるようで、靴のサイズが大きい人は足を一旦横に向けないとまっすぐ座れません。

リアの荷室は床が高いものの奥行きがあり、リアシートの割に荷室は広め。

計器類は非常に見やすく、センターコンソールも若干運転席側に向いており操作はしやすい。

ピアノブラックの賛否はありますが、全体的に質感もいい。

ただ、純正ナビがかなりヘボく、特に地図表示が200m縮尺でも大きな道路しか表示されず、情報が少なすぎて却ってわかりにくいのが難点。

最近のトヨタ車はギザギザゲート式のシフトレバーを止めたようで、カムリと同じようなシフトブーツが被されたシフトレバーですが、各シフトポジションの節度感が絶妙に気持ちいい。

シフトレバーの後ろ側に電子式のパーキングブレーキとブレーキホールドのスイッチ。

ペダル位置は若干左へ寄ってる気もしますが、特に問題はありません。

最近のトヨタ車にしては落ち着いたデザインのメーターで、文字盤のフォントが見やすい。

若干クラシカルな形状の針も読み取りやすい。

このCH-RはTNGAの第二弾なせいか、今までのトヨタ車のダメなところが一掃されていて、かなりイイ!

1.2LターボエンジンにCVTの組み合わせですが、CVTにありがちなエンジン音はうるさいのに全然加速しないということはなく、ステップATのようなトルク感でエンジン回転数を抑えながらちゃんと加速する。

一番驚いたのが足回り。

トヨタ車といえば、ふわふわしたふにゃ足がお決まりでしたが、この車はかなりしっかりした足で全然ふにゃふにゃしない。

車高の高いSUVなのに真っすぐ走ってしっかり曲がってくれるので、コーナーを抜ける楽しさも。

どうやら現行クラウンと同じくニュルブルクリンクで足回りの開発をしたらしく、コシがあって粘るコーナーリングが感じられてビックリ。

このスタイリングと走りなら、売れてるのもよくわかる。