和歌山市民御用達、お茶屋のてんかけラーメン&グリーンソフト 『グリーンコーナー』@和歌山・イズミヤ和歌山店

 グルメ@関西,  スイーツ@関西,  ラーメン@関西

和歌山市民がこよなく愛するというラーメンを食べに、イズミヤ和歌山店のフードコートにある『グリーンコーナー』へ。

ラーメン屋らしからぬ店名ですが、玉林園という老舗のお茶屋さんがやってるのでこういう名前になったという。

お昼時とあってフードコートのテーブルは混雑してましたが、3/4以上のテーブルにグリーンコーナーの器が置いてあるくらい。

そんなみなさんが注文してるのは、名物のてんかけラーメン。370円也(8%税込)。

しょうゆラーメンにわかめと紅しょうが、それと天かすがトッピングされた、和歌山市のソウルフード。

ラーメンに天かすってどうなん?と思いきや、あっさりだけどあっさりし過ぎない味わいで、これがなかなかイケる。

紅しょうがと天かすを一緒に食べれば、紅しょうが天の味わい。

ま、個人的には紅しょうが天は好きではないのですが。。。

スープまで完食すると、どんぶりの底の模様は何なんでしょう?

メニューを見ると、お茶屋さんらしい茶そばがあったので頼んでみることに。

それがざる茶~麺。453円也。

お茶屋の濃厚な緑色の茶そばを見れば、頼みたくなってしまう訳で。

でも、お茶の風味はなく普通のざるそばだった。

つゆは通常のめんつゆの和風ダレの他に中華ダレも選べますが、今回は和風で。

ただ、この和風ダレのめんつゆの味が濃いので、麺は半分ほど浸すぐらいがいい。

食後のデザートはグリーンソフト。180円也。

これもラーメン以上に食べてる人が多かったのですが、和歌山県では学校給食にグリーンソフトが出てくるので、子どもにソフトクリームの絵を描かせると、白ではなく緑色のソフトクリームを描くぐらいに和歌山県民の日常になっている。

お茶屋の抹茶ソフトと聞くとかなり濃厚な抹茶の味わいを想像しますが、実はほとんど抹茶感はなく、すごくあっさりした味わい。

だから子どもでも食べやすいのかも。

このグリーンソフト、コーンがかなり短いのも特徴。

下がとがってないので、食べてる途中でコーンの底から溶けたクリームがたれにくいのかも?

注文する時に食事とグリーンソフトを一緒に頼んでも同時に渡されることはなくグリーンソフト引換券をくれるので、ゆっくり食べてから引換券をカウンターへ持っていけば、グリーンソフトをもらえます。

ちなみにこのイズミヤ和歌山店、靴がすんごい安い。

日本製の革靴が7500円~という。

今度、仕事用の革靴を買う時にはここへ見に行こうかな。

 

グリーンコーナー イズミヤ店
和歌山県和歌山市新生町7-20
イズミヤ和歌山店 1F フードコート
営業時間: 10:00~21:00(定休なし)