カーシェアでトヨタ・タンクを借りてみる

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

カーシェアでトヨタ・タンクを借りました。

トヨタマークを付けてますが、ダイハツ・トールのOEM車。

ダイハツ・トールはトヨタ・タンクの他にトヨタ・ルーミー、スバル・ジャスティとしても供給されている4兄弟の車。

全長3,700mm×全幅1,670mmのコンパクト2BOXですが全高1,735mmと背が高く、トヨタ製2BOXでありがちな変な丸っこさはなくて直線基調の角ばったデザインなのがいい。

このデザインならお父さんが乗っても恥ずかしくない。

後席はスライドドアですがフロントドアも90度近くまで開くので、乗降性はいい。

室内も広くて、2列目の足元は下手なアッパーミドルクラスのセダンよりも広い。

Bピラーに付いているグリップが2段になっていて、上段は大人が握りやすいようグリップが太めで、下段は子どもが握りやすいよう細くなっている気配りもいい。

ただ、フロントシートに難があり、見た目にはわからないのですが・・・

座ってみると、座面がなんか小さい。。。

座面が小さく違和感があったので、奥行きを測ってみたところ・・・

45cmしかない!

試しに同じクラスのノートの座面の奥行きを測ってみると50cmある。

リッタークラス以上の乗用車ならたいてい座面の奥行きは50cmあるんですが、ダイハツ製だからかどうかはわかりませんが、まさかの軽自動車サイズ?

リアの座面はむしろ若干大きすぎるぐらいで、小柄な人は足が浮いてしまうかも。

インパネは、エクステリアと同じく直線基調なデザイン。

スピードメーターとタコメーターは、イグニッションをONにすると針がフルスケールまで動く。

燃料計は8段階に点灯して残量レベルを表示しますが、レベル間のすき間が広めでちょっと見にくいかも。

電子式のウインカーレバーは、指示器を出した方向にレバーが保持されず元の位置に戻ってしまうので、慣れててもやっぱり操作しにくい。

音も「ピッコン、ピッコン」と、おもちゃみたいな感じ。

ステアリングやエアコンの操作パネルなどがミラやムーヴと同じでコストダウンの様子もうかがえますが、操作感は悪くないので全然OK。

ペダルも軽自動車用を流用してるかどうかはわかりませんが、ブレーキ、アクセルともに足元空間に比して小さい。

ブレーキペダルの遊びが大きめで、軽自動車みたいな踏みはじめの空走感があってからブレーキが効き始めるので、踏力を細かく調整して制動力をコントロールすることはできません。

1Lの3気筒エンジンにCVTの組み合わせは、アクセルを踏んでも音だけ大きくなって全然前に進まない。

軽より100kgほど重いけど排気量が340cc大きいので、上り坂の発進でも一応加速してのぼって行くし、軽のNAよりは走るかもしれませんが、タントカスタムのターボ車の方が走るんじゃないか?

まあ、非力な車がエンジン唸らせて走ってると頑張ってる感があって、それはそれで好きですが。

ダイハツ製だからなのか、純トヨタのミニバンにありがちなふにゃふにゃスカスカゆるゆる感はなく、トールワゴンにしてはいい足回りかと。

このテの車は走りを求める車ではないし、ママが運転しやすくて移動できれば全然OKでしょう。

「タイヤが右を向いてます」というお知らせなんて、いかにもママに優しい装備じゃないか。

1Lクラスの小型車、しかもカーシェアで使われるようなグレードにしては、スマートキーや両側電動スライドドアも付いてたり・・・

ドアロック連動のオートリトラミラーや・・・

クルーズコントロール(追尾なし)などの装備も充実。

ラゲッジは軽よりは広めで、まあまあ実用に耐え得るレベルかと。

ステレオカメラとセンサーを使った「スマアシⅢ」を装備。

高さがあってウインドウも立っており、視界が広い。

Aピラー部の窓や助手席側ドアミラーにサイドアンダーミラーも付いている。

後席のスライドドアには格納式のサンシェードもあったり・・・

フロントのインパネ下部には大型のボックスが格納されていて・・・

500mlのペットボトルなら4本入り、レジ袋を引っ掛けるフックが付いていてゴミ箱としても使えそう。

室内は広く、値段の割に快適装備も充実していて、小さな子どもがいるファミリー向けにはいい車だと思う。

今は必要な時にカーシェアで借りてますが、中古車で値段がこなれてきたら下駄代わりに買ってもいいかも。