トヨタレンタカーでGR86を借りる

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車トヨタ

少し前になりますが、トヨタレンタカーでGR86を借りてみた。

2代目86は先代よりも落ち着いたデザイン。

今回GR86を借りたのは、トヨタレンタリースから安く借りられるハガキをもらったので、せっかくだったら乗ってみようかと思った次第。

借りる時に「購入予定ありますか?」と聞かれたので、もしかしたらトヨタの販促だったりして。

86といえば、初代86のTRD仕様のMT車のレンタカーに乗って以来(記事)。

今回は、2代目になり車名が変わったGR86。

クーペといえば斜め後ろから見たフェンダーのボリュームやルーフから緩やかに続く傾斜が魅力的ですが、テールレンズもリアフェンダーのボリューム感を出すようなデザインなのもいい。

CH-Rやヤリスなどもそうですが、最近は立体感を強調したテールレンズが多め。

最近流行りのハッチバッククーペではなくトランク付きなので、リア周りもしっかりメリハリが効いててカッコいい。

ただ、そのトランクは開口部が小さく・・・

容量も少ないので実用性は控えめ。

ヘッドライトは先代よりスッキリ・シンプルな造形になり、パッと見4灯と思いきや内側はウインカー。

レンタカーということもありグレードはSZで、タイヤは215/45R17のミシュランPRIMACY HP。

上のグレードなら18インチになります。

エンジンはスバル製2.4L水平対向エンジン。

エンジンカバーにTOYOTAの文字がチョロっと書いてある。

エンジンはフロントアクスル上に搭載。

上から見える位置にオイルエレメントがあるのは、下からが潜って火傷の危険を冒しながらエキパイの横から腕を通さないといけない某VTECエンジンに比べたら天国だな。

シートはホールド性、クッション性ともいいのですが、フロアは低いけどフロアから座面までが少し高く感じる。

シートポジションはホイールベースの中央部あたりにあるけど、リアシートがある分、ロードスターのような自分のお尻を中心に車が旋回している感覚はない。

2ドアクーペの後席に入るには助手席を倒して潜り込むように乗り込みますが、90年代のシルビアとかプレリュードみたいなスペシャリティーカーの雰囲気を思い出す。

90年代を彷彿とさせるフロントシートとリアシートが完全にくっついてしまい使い物にならないリアシートは、ミニバンで育った世代には意味不明だろう。

一応4人乗りの車ですが、実質、リアシートはクッション付きの荷物置きと考えた方がいい。

正座すれば座れるかも。

運転席は適度な包まれ感で、サイドブレーキが運転席側に付いてるのはさすが86。

ATのシフトレバーが少し傾いているのはMT車の雰囲気を出してるのかも?

空調の操作パネルは先代の雰囲気が残ってる。

シフトレバーの後部にVSCをOFFにするボタンとドライブモードのスイッチがありますが、この位置にVSC OFFのボタンがあるのはさすが86。

さらにその後部にはコインホルダーとドリンクホルダー。

今どき、このタイプのコインホルダーは珍しいのでは?

そもそもコインホルダーの必要性自体なくなってきてるような。

コンソールボックスの中にもドリンクホルダーとUSB端子が。

シートに座って自然に足を伸ばせばペダルがある。

GRマークの入ったステアリング。

メーターは物理針のない液晶画面で、走行モードによってデザインが変わる。

TRACKモードでは、バータイプのタコメーターが4000回転以上を広く表示。

エンジンOFFやONにした時、メーターにデモ画面が表示される。

GR86はスバル製だけに、アイサイトのステレオカメラを装備。

メーターの設定画面でアイサイトの設定ができる。

アイサイトは追尾クルコン作動中、前車との間隔が開くと鋭い加速をしてしまいがちでしたが、加速レベルを設定できるように。

加速が緩やかなレベル1から・・・

鬼加速のレベル4まで設定できます。

走り出してみると、ノーマルモードだと音も走りも普通の車ですが、SPORTモードにしたら足が引き締まり、上まで回してシフトアップするようになってスポーティーに。

サスもそれほどゴツゴツせず、SPORTモードで街乗りしてもしんどくなく十分普段使いできる。

ロードスターとは違って屋根があってしっかりとした剛性感があり、コーナーを回っても楽しい。

でも、逆に言えばスポーツカーにしてはマイルドというか、扱いやすいけど中途半端な感じも。

ゴリゴリのスポーツにしたいなら、GRヤリスにしろということなのか?

FRらしくコーナーの立ち上がりにアクセルONでリアが外へ出る感覚があり、VSCをオフにしたらAT車でもアクセルワークだけで簡単にお尻を振れるのは86らしくていい!

エンジンは上まで軽やかに回り、トルク感もあっていいフィーリング。

楽しく走るにはもってこいなクルマです。

気になったところは、まずミッションの制御が自分の感覚と合わない面があり、SPORTモードでエンジンを上まで引っ張ってシフトアップする時にギクシャクして、変速ショックも大きい。

普段、車重の軽いロードスターに乗ってるせいかブレーキが全体的にペダルの踏み感に比べて効きが弱く、特に初期制動で効きの悪さを感じる。

細かなところでは、ウインカーレバーを操作しても固定しないタイプですが、やはり固定しないのは扱いにくい。

特に、レバーを操作後に3カウントなのか連続なのかがわからない。

ライトの点灯時や消灯時に機械式リレーみたいな「カチッ」と音がするのも、ちょっと気になったな。

こういう2ドアFRクーペのガソリン車を残してくれるのはとてもうれしいことですが、先は長くないことは確実なので、楽しめるうちに楽しんでおいた方がいい。

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車トヨタ

Posted by osokuji