新青森駅から新幹線で盛岡駅へ

おでかけ, 乗り物@新幹線JR東日本,東北紀行202110

青森空港から定額タクシーで新青森駅までやって来ました(記事)。

ここから新幹線で盛岡へ向かいます。


次に発車するのは、北海道からやって来たはやぶさ44号ですが・・・

乗るのは新青森始発のはやぶさ46号。

久しぶりにえきねっとでチケットレス予約をしたんですが・・・

改札を通ったら【新幹線自動改札機通過】とメールが届くようになったんですね。スゴ!

U32編成のはやぶさ46号はすでに掃除も終わっていましたが、先発するはやぶさ44号の誤乗防止のためか、まだドアは開いてません。

しばらくすると、北海道から青函トンネルをくぐってきたはやぶさ44号がやって来る。

はやぶさ44号はU24編成。

広くない島式ホームの両側に新幹線が止まると、なんだか車庫っぽくて迫力がある。

ほどなくしてはやぶさ44号は発車。

その後、はやぶさ46号のドアを開けてくれる。

U32編成は増備編成だからか、照明がちょっと変わってるような気がする。

JR東日本仕様のヘッドレストが上下するタイプのシート。

シートの背中が直角なのもJR東日本の特徴。

増備編成は普通車でも全席にコンセントが装備されている。

18:38、新青森を出発。

シートポケットに車内換気の説明が必要なのはコロナ時代ですね。

はやぶさ46号は新青森を発つと盛岡まで各駅に停車しますが、新青森ではガラガラだった車内も途中駅でたくさん乗ってきて、二戸を出る時にはA、C、E席は全部埋まっている様子。

E5系の洗面台は乾燥機付きで、落ち着いた温もりを感じるデザイン。

女性用のトイレと洗面が分けられているのが今どき。

19:44 盛岡に到着。

はやぶさ46号は盛岡でこまち46号と併結するので、連結作業を見ていくことに。

連結器カバーが開くと、連結器が出てくる。

西日本に住んでると、なかなか新幹線の連結器を間近には見られないので、何度見ても興味津々。

こまち46号がやって来ました。

そろそろと近づき一旦停止、軽く警笛が鳴ったあと、乾いた音とともに連結。

連結したあと、上部のカバーが開いて電気連結器がつながる様子は生き物のよう。

E6系はZ13編成。

連結が完了すると、すぐに出発。

東北新幹線はE5系の増備が進んでおり、E2系よりもよく見るようになった。

向かいの12番線に止まっていたのは、U35編成。

20:29 盛岡始発のやまびこ70号として待機中。

U35編成の運転台の窓に書かれた編成記号のフォントがなんか違う。

下りホームの13番線には、はやぶさ105号盛岡行きとして到着したU39編成。

終点盛岡で降車扱いをしているみたい。

新幹線を見物したところで、駅ビルで晩ごはんにします。

おでかけ, 乗り物@新幹線JR東日本,東北紀行202110

Posted by osokuji