富山湾の海の幸を堪能『氷見きときと寿し』@富山

 グルメ@北陸東北紀行202109,富山県,回転寿司

富山湾の海の幸、白エビの寿司が食べたくなり、富山で有名な回転寿司『氷見きときと寿し』へ。

富山や金沢の回転寿司は日本屈指のクオリティーで有名ですが、その分、地元の人に加え観光客にも大人気。

お昼のピーク前に入ったので並ばずに済みましたが、出る時には入店待ちの列ができるほど。

まずはお茶を入れようとしたら、湯のみでレバーをグッと押さえつけるタイプではなく、ノズルの根元のツマミを回すタイプで入れやすかった。

もちろんツマミは硬めになってます。

回転寿司といっても実際に寿司は回っておらず、すべてテーブルのタブレットでオーダーするスタイル。

頼んだ寿司は、北陸新幹線で運ばれてくる。

まずは目当ての白えびの軍艦。560円也(税別)。

とろ~りとした甘みと食感は、はるばる来た甲斐がある。

もうひとつの目当て、のどぐろ地物。660円也。

脂がたっぷり乗っていて激ウマ!

ふくらぎ(地物)って何やろ?と思い頼んでみたら・・・

関西で言うハマチだった。180円也。

身が締まっていてあっさりした味わい。

コリコリ食感の活ばい貝地物。560円也。

どの寿司も、大阪で食べるよりもかなりおいしくて、さすがは富山。

今回、一番味の違いを感じたのは、生げそ。180円也。

げそなのに厚みと食感があり、いかの味わいも濃厚。

個人的にしょうがはいらない、というか、邪魔。

いかソーてんこ(220円也)とえびてんこ盛(380円也)。

いかとえび、それぞれ味わいが濃厚。

私は回転寿司でシメる時はえんがわを頼むんですが、大阪の回転寿司でえんがわと言えばカレイなところ・・・

寿司天国の富山ではヒラメのえんがわ!560円也。

さすがの富山クオリティ、脂と食感が最高にウマくてシメにふさわしい。

ホントはゴールデンウィークに行ってホタルイカを食べようと思ってたんですが、ちょうど大阪では第4波に見舞われてたので控えてました。

ホタルイカの時期は外してしまったけど、やっぱり富山湾の海の幸はどれもおいしいですね。

 

氷見きときと寿し 黒部店
富山県黒部市前沢1549
営業時間: 11:00~21:00(定休なし)

 グルメ@北陸東北紀行202109,富山県,回転寿司

Posted by osokuji