とろっとろのジャンボたこ焼き 『たこ昭』@豊中

 グルメ@大阪

大阪の名物といえばたこ焼き、街にはたこ焼き屋も数多くあります。

最近は、観光客相手のチェーン店のたこ焼き屋もある中、やはり地元では町内の民家の軒先でやってるたこ焼き屋が人気。

豊中市の南部、神刀根線沿いにあるたこ焼き屋、『ジャンボたこ焼き たこ昭』

地元では有名なたこ焼き屋。

店先には芸能人のサイン色紙もあったり。

たこ焼き(小) 8個300円也。

15個500円の(大)もあります。

ここのたこ焼きはその名の通り、デカい!

でも、ただデカいだけでは人気が出ないのが、大阪の厳しいところ。

しかしこのたこ焼きは全体的にやわらかめの焼き加減で、特に中身はとろっとろ。
つまようじ1本では持ち上げることは出来ず、2本使って持ち上げてもちぎれて落ちるくらい。

つまようじ2本で持ち上げたら、口から迎えに行かなければなりません。

しかも、あっつあつでとろっとろなので、口の中でハフハフしながら味わう。

よく”カリトロ”な食感のたこ焼きはありますが、どうしても外側の”カリ”の部分がかたすぎることも多い。

しかしこのたこ焼きは、”カリ”っとする手前の食感なので、口に入れると中身がじゅわーっと出てくる感じ。

デカいのは見た目だけでなく、中のタコもジャンボ級。

つまようじ2本刺してもこの大きさ!

タコもデカいので、8個食べるといろんな部位のタコが味わえるところも魅力。

町のたこ焼き屋でありながら、クルマで乗りつけて買いに来る客も多い、知る人ぞ知る人気のたこ焼き屋です。

ただひとつ、注意点が!

店先にデカデカと禁煙と書かれた注意書きがあるので、喫煙者は焼きあがりを待ってる間に決してタバコは吸わぬよう。

 

ジャンボたこ焼き たこ昭
豊中市豊南町南3-2-5
営業時間: (月曜定休)

 グルメ@大阪

Posted by osokuji