携帯・スマホ・カメラ

新しいiPhone14が発売されましたが、私のiPhone8のバッテリーの能力が80%を下回り「著しく劣化している」とメッセージが出たので、正規ショップでバッテリー交換してもらうことに。

携帯・スマホ・カメラ

docomoからガラケーユーザーへ定期的にスマホへ切り替えろという案内が送られてきますが、今回届いたのは今までとはちょっと違う内容だった。

携帯・スマホ・カメラ

定期的にdocomoから送られてくる、ガラケーユーザー向けスマホへ切り替えろ案内が届いた。

毎回内容を変えながら、ガラケーユーザーがスマホへ切り替えたくなるような工夫をしているようですが、今回は、らくらくスマートフォンへの推しが全面に出ていて、完全にお年寄りをターゲットにしている様子。

携帯・スマホ・カメラ

定期的にdocomoから送られてくる、ガラケー早よ買い替えろよのご案内。

携帯・スマホ・カメラ

ガラケーユーザー向けに、今や定期的に送られてくるスマホへの買い替え案内が届いてます。

どうも3ヶ月おきに送られてくるような?

携帯・スマホ・カメラ

ガラケーユーザー向けにちょくちょく送られてくる、スマホへの買い替え案内がまたまた届いた。

携帯・スマホ・カメラ

ガラケーを使ってると、ちょくちょくdocomoからそろそろスマホに替えろ、と言われます。

携帯・スマホ・カメラ

今まで使ってきたどんなときもWiFiが、突然サービスを終了することになり解約することにしましたが(記事)、そのあとどのWiFiに乗り換えるかを考えなくてはなりません。

乗り換えるにあたっては、通信速度はほどほどでいいので、できるだけ使える場所が多いことが最優先。

よく、携帯会社で用意している通信エリアのマップは二次元ですが、たとえ都心だったとしても地下街の店の奥の席などで圏外になることもあったりするので、通信エリアは三次元で考えなくてはなりません。

また、新幹線で移動中とか、高速道路で移動中とか、地方の山間部を移動中でもできるだけ切れないで欲しいので、キャリアを固定せず使える電波を選んでくれるクラウドSIMを使ったものから選びます。

携帯・スマホ・カメラ

今、モバイルのWiFiはどんなときもWiFiを使っていますが、今年の春ごろ、ネットにつながらなくなるトラブルがあった(記事)。

どんなときもWiFiは元々評判も良く、通信量無制限で速度も良さそうだし、クラウドSIMの効果で都会だけでなく地方や山間部など電波状況の悪い場所でもそこで拾えるキャリアの電波を自動的に選んでつなげてくれそうだったので加入しましたが、実際に使ってみても、新幹線での移動中や高速道路でもほぼ期待通りに使えてた。

ところが、この通信トラブル以降、なんだか雲行きが怪しくなってくる。

携帯・スマホ・カメラ

仕事でmicroSIMのスマホを使ってたんですが、SIMはそのままでスマホだけを替えようとしたらnanoSIMだったので、SIMカッターで切ってnanoSIM化をすることに。

Amazonで買ったSIMカッター。

だいたい1000円未満で買えますが、一応、レビューをひと通り目を通して選んだ。