大型二輪免許取得記 【Vol.13】1段階10時限目 実車

バイク

Vol.12より

2014年10月2日(木)

1時間休憩しての2時間目。

1時間目と同じ教官。

最初にスラロームと急制動を交互に練習。

急制動は11mだけでなく、雨の日のことも考えて14mで止まる練習も。

スラロームはリズムを掴めた感じ。

教官からも「無理してアクセル開けなくてももうちょっと遅めでもいいですよ」とアドバイスをいただく。

自分なりにゆっくり行っても6.8秒だったので、これならミスなく行けそう。

次にS字と一本橋の繰り返し。

これも大丈夫。

次にクランクと坂道発進の繰り返し。

クランクはさっき言われた通りゆっくり抜けるように意識する。

今回は一度も足を着くことなくクリア。

すると教官から、S字&一本橋コンビの後にクランク&坂道発進のコンビの繰り返すように言われる。

しかも、自分のグループでこのコンビネーションをやってるの私だけ。

コースに集中しすぎると、次にどこへ行くかわからなくなってきそう。

そのせいかどうかはわかりませんが、1本橋からの脱輪1回、脱輪しそうになること1回。

2時間乗ってヘバってきてるのか、ニーグリップが甘くなってバランスを崩す。

これは意識して掛からないと、みきわめ予定の14時間目も2時間連続の2時間目なので、へばってしまってミスをしてしたら元も子もない。

教官からのコメント
「おそくじさんはもう乗れてるので、2段階で走る検定コースの一部を走ってもらいました。あと4時間乗ってくださいね。」

まとめページ目次へ / Vol.14へ

バイク

Posted by osokuji