大型二輪免許取得記 【Vol.7】1段階4時限目 課題

バイク

Vol.6より

2014年9月25日(木)

今回はAT車での教習、茶色ゼッケンでスクーターに乗る。

赤から茶色に少し進化?

バイクはシルバーウイング。

まだスラローム、急制動、S字、一本橋なんてやったことないのに、そこへ初のスクーターでいきなり行ってしまうとは、ちょっと無茶じゃない?

と思いつつ、ひとつひとつ説明を聞く。

まずはスラローム。

バイクが全然安定せず、パイロンの間をフラフラ抜けるのがやっと。

アクセルを開けてもレスポンスが悪くて前に進まず、リズムもへったくれもありゃしない。

急制動では、30km/hまで上げて目印のパイロンで前後ブレーキ。

やってみると全然余裕で止まれる。

「何や、思ってたより簡単やんか」と思いながらやってると、教官から

「ここは30km/hぐらいまで上げてください。早い時期から40km/h越えてますよ。それと、ブレーキはもうちょっと余裕を持って止めてください。急ブレーキ過ぎるのでコケる一歩手前ですよ。」

と、注意を受ける。

急制動と言うから急制動したつもりだったんですが、急制動と急ブレーキは違うんですね。(^_^;)

S字もフラフラしながらなんとかクリア。

でも、次の一本橋が全然ダメ。

平均台に乗った瞬間落ちてしまう。

何度かやって渡れたのは、ややハイペース気味で渡った2回だけ。

とにかくまっすぐ走れない。

スクーターは安定させることができず、想像よりもかなりムズーーい!(>_<)

教官からコメント
「今日はAT車の体験なのでこれでいいです。次からMTに戻るのでがんばってください」

まとめページ目次へ / Vol.8へ

バイク

Posted by osokuji