身延線経由で東京出張 その1 ~東京行きの新幹線を静岡で下車~

 乗り物@新幹線,出張@国内

この1~2年、仕事で静岡県へ行くことが多いんですが、実はずっと身延線に乗りたいと秘かに?思ってました。

でも、なかなか叶わず。

やはり大阪への帰りに身延線に乗るのは時間的にキビしい。

ところが、今回の出張は昼イチに東京都内へ入れば良かったので、ここぞとばかり身延線回りで行くことに。


予定としては、

新大阪6:08-(ひかり504号)→ 静岡8:10/8:17-(ふじかわ1号)→ 甲府10:28/11:06-(あずさ12号)→ 新宿12:33

このうち、新幹線とあずさはネットで指定席を予約できるけど、ふじかわの指定席はリアルに出向いて特急券を買わなければなりません。

収益の8割を新幹線で得ているだけあってか在来線の冷遇ぶりが甚だしいJR東海では在来線特急のネット予約は出来ないし、今後もやる気はないと思われ。

しゃーないんで、休みの日に買い物へ行ったついでにJTBで特急券を買う。

今回、ふじかわの指定席が取れなければ身延線乗りつぶしは延期しようと思ってたので、まずはふじかわ1号の空席を調べてもらう。

結果、指定席はほとんど空席で、どこでも好きな席を取れるらしい。

ならばと乗車券をお願いする。

都内へ入った後は最終的に栃木県まで足を伸ばすので、最終目的地までの乗車券を通して買っておく。

え~っと、新大阪から静岡までは新幹線で、そこからふじかわに乗って身延線で甲府まで、そんで新宿まで出て、東北本線の野木まで!

と言うと、カウンターの人は時刻表とにらめっこしながらルートを辿り、端末に入力していく。

そんなに難しいルートではない筈ですが、ちょっと手こずってる様子。

どうやら、新宿から湘南新宿ラインで東北本線方面へ抜けるところの経由路線の選択がややこしいらしい。

出てくる候補を言ってもらえれば指定しますよ

と言って、ようやく発券。

経由は、

新大阪・新幹線・静岡・東海・身延線・中央東・東北

になりました。

ちょっと苦労した湘南新宿ラインは、「東北」で済んでしまったらしい。

ふじかわ1号の指定席特急券も購入。

ここでひとつミスをした私。

新大阪から静岡まではEX予約で買うつもりにしてたのでJTBではふじかわの特急券しか買わなかったけど、新幹線特急券と一緒に買っておけば在来線の特急料金が乗り継ぎ割引で半額になったのに。。。

後から気が付いたんですが、カードで買ってるので発券したJTBまで行かなければならず、面倒なのでもうええわ!

さて、まずは新幹線で静岡へ。

乗車券は買ってるので、EX予約で取った特急券を受け取るために券売機へ。

あ、ホーム画面が変わってる!

新大阪6:08発 ひかり504号。

お盆明けといえども夏休み中で混んでいて、良さげな席を探してたら16号車になってしまったという。

ホームの端っこまで歩いて、先頭の16号車へ。

ひかりのN700運用もだいぶ増えてきた印象。

N700A、G6編成。

自由席で1号車に座ることは多々あったけど、16号車は滅多に乗らん。

というか、選ばん!

列車は定刻に新大阪を出発。

名古屋まで各駅に止まるけど、せっかく最果ての16号車に居ながら隣に座られるのもあまりよろしくないので、車内からEX予約で隣席が空いてるかどうかチェック。

16号車3Eが自分で、3Dは空席。

しかも後席も空いてるので、気兼ねなくリクライニングできる。

ただ、静岡駅で在来線への乗り継ぎが7分しかなく、しかも改札へ下りる階段は9号車付近にあるので、到着前に後方へ移動。

16号車は比較的空席もありましたが、15号車より後方はほとんど空席はなく、B席まで埋まるほどの混みよう。

子ども連れのファミリー客が多く、やはり16号車を選んでよかった。

8:10 静岡到着。

東京へ行くのに、東京行きの新幹線を静岡で降りてしまうという(笑)

ここから在来線ホームへ向かい、特急ふじかわ1号へ乗り換え。

その2へつづく

 乗り物@新幹線,出張@国内

Posted by osokuji