700系B編成のグリーン車はイマイチな感じ

 乗り物@新幹線,出張@国内

東京からの帰りは、IC早特のグリーン。

東京発のIC早特はのぞみの設定はないので、ひかりで。

ひかり529号は700系なので、電源を確保するために壁際の最後尾の席を確保。

行きと同じく途中9駅に止まってしまう、通称 ひだま

ひかり529号はこだま666号の折り返し列車なので、車内清掃が終わるまでホームで待っていなければなりませぬ。

JR西日本の700系、B13編成。

B編成はJR東海のC編成と車内の雰囲気が違い、重厚な雰囲気。

シートのモケット地は落ち着いた茶系。

一見、C編成よりも大型のフットレストですが・・・

高さの調整ができず、展開するとたいぶ手前に来てしまう。

JR西日本の伝統?、肘掛けの読書灯スイッチ。

でも、ここにあると意図せず点灯してしまうこともしばしば。

背面テーブルはなく・・・

肘掛け収納の折り畳みテーブルなので、パソコンが打ちにくい。

重厚な雰囲気に反し、使い勝手はC編成の方がいい。

不評の声が多かったのかどうかは知りませんが、N700系ではJR西のN編成にも高さ調整できるフットレストや背面テーブルが装備されるようになりました。

 乗り物@新幹線,出張@国内

Posted by osokuji