W223 Sクラスの展示車をチェック

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

S560の売却前、諸々の手続きのためディーラーへ行った時に、ショールームに現行S400d 4MATICロングが電源が入った状態で展示されてました。


ARナビで必要なのか、フロントカメラは格納式ではなくなる。

ロングボディは見た目に「長っ!」とわかるほど。

AMGライン付きだと全長5320mmになり、これは駐車場に困るなぁ。

ちょっと気になったのが、フロントデフロスターの吹出し口が、W222ではダッシュボードの端から端まであったのが、W223ではセンター部分に集約されてしまっている。

今の世代のCLSぐらいからこのタイプになったようですが、真ん中にしかないということはフロントガラスの曇りも中央下部から扇状に消えていくってこと?

なんだか軽自動車みたいで嫌だな。
(すいません、もうこれに乗らないことを決めたらアラ探しになってます)

「クリスタルピンデザイン」と呼ばれる立体的な造形のテールランプ。

透明感のあるツブツブ状の立方体がカバーの中に並んでいて、すごく奥行きがあるように見える。

で、ウインカーを作動させると、このツブツブがシーケンシャルに光るという。

このシーケンシャルウインカーの偉いところは、方向指示器を出すと外側に流れるけど、ハザードでは流れずに全体が一斉に光るところ。

アウディやレクサスはハザードでも流れてしまいますが、前々からハザードで両側に流れるのはかえって良くないのでは?と思ってたところ、さすがは安全最優先のメルセデス・ベンツ、よくわかっていらっしゃる。

オレンジに光ったツブツブテールランプを見てると、なんだかZガンダムのコロニーレーザー化されレーザー発振器が無数に並べられたグリプス2の内部を思い出したり。

W223の特徴のひとつ、電動格納式のドアノブ。

キーを持って車に近づくと格納されていたドアノブが出てくるのですが、ドアを開けようとドアノブを引いてもすぐにはドアが開かず、慣れるまでタイミングが難しい。

営業マンからは「今までの感覚で引かずに、ノブの後ろの方をちょんと引っ張ればドアが勝手に開きます」と説明されましたが、ちょっと慣れが必要かも。

外からもそうですが、車内からもこのドアノブの作動音がガチャガチャと結構大きめ。

元々かなり静かな車だけに、ちょっとした音が気になる。

気になる音といえば、ボタンを押したときの音もプラスチック感のある音質になってしまったところも。

個人的には、メーターフードがなくなりタブレットポン置きみたいになったディスプレイも気になるな。
ステアリングのスイッチ類も静電タイプになりましたが、営業マン曰く、不意に触れただけで反応するので意図しない動作に戸惑う声が多いらしい。

知らない間にスピードリミットがセットされていて、アクセルを踏んでも加速しないとか。

マニアな私は機能面をとても重視しますが、Sクラスを買う人は指名買いの人が多いそうなので、細かなところは気にならないんでしょう。

SクラスであればOK!みたいな。
(全員が当てはまるとは一言も言ってないので誤解されぬよう)

アナログ時計もなくなったし、何かと世代が進んだ感じがあります。

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

Posted by osokuji