下北駅からレンタカーで大間崎へ

おでかけドライブ,東北紀行202110,青森県

JR大湊線下北駅でレンタカーを借り、車で大間崎を目指します。


下北駅はむつ市で一番賑わっている駅で、駅前には店舗も多く、下北半島北部へ向かう路線バスも発着しています。

11:15発の佐井行きのバスに乗ると、13:00頃に大間崎へ行ける。

運賃は2000円ちょっとのようです。

下北駅のあるむつ市から、国道279号線を北上。

途中、道路の法面の工事現場にたくさん遭遇しましたが、下北では今年の夏の豪雨で土砂崩れや橋の崩落など大きな被害を受け、その復旧工事がまだ続いている。

今まさに法面をコンクリートで覆っているところは初めて見た。

橋が崩落した箇所は9月中旬まで一般車は通行止めでしたが、片側交互通行ながら通れるようになったのはうれしい限り。

土砂崩れというより土石流の跡のような場所も。

家の中まで土砂が入った家屋もあったり、被害の様子が伝わってくる。

この辺りはいくつも土砂崩れがあったようで、太い鋼材と壁で仕切って交通を確保。

土砂崩れ流入防止の壁が並んでいる距離に驚く。

道路の海側には、山から崩れてきたと思しき樹木が散乱。

小さな土砂崩れ箇所は数えきれないほど。

下北駅から1時間20分ほどで大間崎に到着。

下北駅からは国道279号線に入ればほぼ1本道なんですが、途中のバイパスでGoogleマップナビが旧道の方を案内するというトラップも。

大間崎には無料駐車場とトイレもありました。

おでかけドライブ,東北紀行202110,青森県

Posted by osokuji