野菜づくりの体験学習

,子ども

今日は、叔父さんの畑で芋掘りをしました。

場所は、とても大阪とは思えないような自然たっぷりの山の中。

趣味でやってる有機農業ではありますが家庭菜園レベルではなく、そこそこ広くて立派な畑。

我が家では、冬場は週末に必ず鍋をするので白菜をリクエストしておいたら、立派に育ってました。
こんなに食えるかな?(笑)

と、そんな不安をよそに、新たに植えられた白菜もあった・・・

有機野菜を作るうえでキャベツが難しいらしく、すぐに虫がついて喰われてしまいます。

葉っぱの裏についた青虫の卵をコツコツと取らなければなりません。

キャベツは半ば私の主食なので、がんばって作ってもらおう!

さて、子どもたちは芋掘り。
芋の頭は見えたけれど、なかなか掘り出せません。

やっと掘り出したら、顔より長い芋だった!
そりゃなかなか掘れないわ。

ところで、このデカイ葉っぱはなんでしょう?

茎の根元を切って掘り起こすと・・・

芋は芋でも、小芋でした!

この小芋の葉っぱ。
傘の代わりになりそうなくらいデカイ。

まるでトトロやね。

他にもナスやほうれん草、チンゲン菜にかぼちゃなどなど・・・山ほど収穫して車のトランクは野菜でいっぱい。
家に帰り、小さなかぼちゃでハロウィンのおばけを作ってみた。

子どもたちは普段、ほとんど自然と接する機会がなく小さな虫でも怖がってますが、こういう場所に来ると不思議と虫を怖がることもなく、大地の恵みと触れ合ってました。

また来たいと言うもんだから、休みの日は畑仕事を手伝うことになりました。
特におっとりとした性格の長男は、野菜作りが合ってるかもしれない。

,子ども

Posted by osokuji