インド人が作るインド料理はスパイシだけどおいしい 『Tartan Nady』@豊中

 グルメ@大阪

豊中はロマンチック街道沿いにある、インド料理の店 『Tartan Nady』へ行ってみた。

五つ星ホテル(どこのホテルかは?)での経験もあるというインド人シェフのお店。

ディーナータイムからは少し遅めの時間でしたが、一応電話で「15分後に行きます」と連絡し、席を用意しておいてもらう。

今回は初めての方にオススメという、シェフコースを頼んでみた。

シェフコースはその名の通り、インド人シェフおすすめのコース。
全8品で3,150円也。

まず最初に出てきたのは、春雨のピリ辛サラダ

最初は「そんな辛ないなー」なーんて言ってたけど、しばらくして辛さが出てくる。
アジアな料理には欠かせない、パクチーもおいしい♪

次はトムヤムクン

インド料理の店でインド人シェフおすすめコースでトムヤムクン?!と思わないようにしよう。
一応、タイ料理も扱ってるらしいので。

私は日本でトムヤムクンを食べるの、今回が初めて。

最初にトムヤムクンを口にしたのは、タイへ出張したとき。

日本で「トムヤムクンがおいしい」なんてことを聞く度に、あんたら何食ってんねん!と思ってた。

私がタイで生まれて初めて食べたトムヤムクンは、もうそれは、クサイのクサイの辛いのクサイのマズイの辛いの!

もう拷問に近い、というか、当時、辛いものが一切食べられず、寿司もさび抜き、カレーも甘口だった私にはまさに拷問

どれだけ辛かったというと、幼稚園児級に辛いものが全くダメだった私が、帰国後に辛いものが食べられるようになってしまうほど。

それくらいツラかった、タイのトムヤムクン (ToT)

タイのスーパーでレトルトのトムヤムクンを買い、帰国後、家であたためたところ、ものすごい本場の臭いで家族全員鼻をつまんで逃げてったくらい。

そんな記憶があるもんだから、今回のトムヤムクンも恐る恐る口に運んでみると・・・

 

あ、ウマ!(゚∀゚)

 

たぶん、日本人の口に合うようにしてあるんだろうけど、かなりウマいじゃないか!

次に鉄板に乗っけてまとめて出てきたのは、インド風揚げ餃子、骨なしチキンのスパイシーな串焼き、スパイシーなチキンのインド風竹輪串焼き

この辺から、辛さが本格的になってくる。

唐辛子などとは明らかに種類の違う辛さ。
ピリピリっとした辛さの後、体の中からじんわりと別の種類の辛さが外に抜ける感じ。

そして、2種類のカリーナン

何のカレー、いや、カリーだったか忘れちゃったけど、ナスとオニオンのカリーと、緑のやつは海老のほうれん草カリーだったかな?

オーダーの時にカレー、いや、カリーの辛さが選べるというので、インド料理の店で一番辛くないっちゅーのもつまらないし、辛くない方から2番目の『辛みがほしい』レベルにした。

 

しかーし!

 

2番目とはいえ、これが侮るなかれ。

結構辛いぞ、これ!(>_<)

すでに辛いものが大丈夫になったとはいえ、ハァハァ~いいながら汗ボトボトになる。

キムタクを使って例えると・・・

ス パ イ シ ー

みたいな。

でも、ウマーい!

辛いけど止まらない感じ。

おかげで、お冷のおかわりをたくさんもらうハメに。

なんとか辛さを落ち着かせ、食後に出てくるホットチャイでクールダウン。

と思ったら。ホットチャイの熱でまた口の中の辛さが蘇ったり。

でも、また来たいと思うくらいのウマ・カラなコースでした。

次は1番辛くないやつにしよう。。。

 

Oriental Kitchen Tartan Nady
(オリエンタルキッチン タータンナディ)
豊中市向丘3-11-45 ローザ向丘1F
営業時間: 11:30~15:00、18:00~23:00(定休なし)

 グルメ@大阪

Posted by osokuji