S560の3年目の車検

 クルマ@メルセデス・ベンツ Sクラス_W222

早いもので、S560に乗り始めてから3年が経ち、車検がやってきた。

ヤナセで車検を受けるにあたり、税金と自賠責などの諸費用は現金か小切手で先払い。

小切手があるのはさすがヤナセって感じ。

重量級のS560だけに重量税が高くて41,000円掛かりましたが、あとはディーラーで受けるなら一般的なレベルの手数料で、合計87,950円。

車検と整備、不具合の修正も含めて4日間預けましたが、費用は55,572円也(税込)。

先払いした諸費用と合わせ、合計143,522円也。

あれ?思ってたより安いやん!

ヤナセは高いから全部で20万は越えるでぇ!なんで聞いてたのに。

重量税が41,000円掛かったことを考えると、国産車並かむしろ安いぐらいでないかい?

まあ、1回目の車検というのもありますが。

3年で一般保証とメルセデスケアが切れてしまうので、調子が悪かった電動トランクリッドのクロージングアシストモーターと、iPadを落として割れてしまったナビのタッチパッドも保証で交換してくれました。

S560は来年売却予定なんですが、これって結局、次にヤナセが中古車として売る時の整備をメーカー保証期間中にやっちゃったってことなのかも?

リアタイヤが減ってましたが(車検は通るレベル)、今回は交換せず、あと1年、アランプロストのようにタイヤをいたわって走ります。

車検とは別に、Mercedes meのリモートサービス関連の無料利用期間が終わるので、必要な機能だけ有料で継続。

車の位置を検索できる車両モニタリング(4,900円)、ドアロック・アンロックをしたり車の状態をモニターできる車両設定(4,900円)、リモートパーキングアシスト(7,100円)の3機能を継続して、計16,900円也。

コンシェルジュサービスは1回も使わなかったし、これからも使うつもりもないので継続せず(継続料18,000円)。

こんな感じで、3年目の車検は思ってたよりも安く済みましたが、これから不具合も増えてくるだろうし、長く乗ろうと思ったら維持費も高くなっていくんでしょうね。