carecoでシエンタを借りる

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

カーシェアのcarecoで、トヨタ・シエンタを借りてみた。

モデル末期だからなのか、最近、carecoの車にシエンタがたくさん入ってきてるような。

デザインに関しては、デビュー当初から今まで、やっぱり好きにはなれない。

特に樹脂モールの使い方が安っぽくてイケてない。

黒だと新車のうちは目立ちませんが、経変でモールが白くなってくると最悪。

室内も決して広いとは言えず・・・

一番驚いたのが、運転席が激しく狭い!

普通、小さな車でも運転席だけは広めなのに。

特に、ハンドルのチルト幅が小さくテレスコもないので、長身だとハンドル位置がかなり下になり、しかも、太ももがハンドルに当たるという。

この状態でハンドルを回すと、回し方によっては腕が太ももに引っ掛かって回せなくなり、非常に危ない。

ハンドルは引いて回すのではなく、送って回さなければなりません。

まだ、ヤンキーみたいに片手の手のひらでグルグルした方が回せる。

あと、シフトレバーの出っ張りでに左ひざが当たってしまう。

さらに、運転席と助手席との間のフロアがFRのセダンみたいにポッコリ凸しており、足元も狭く、ウォークスルーもしにくい。

ペダル周りは普通、違和感はない。

2列目シートは狭くはないけど、広くもない。

3列目は足元のスペースがなく、大人が座るのは困難。

3列目になんとか大人の足が入るよう2列目を少し前に動かすと、今度は2列目が狭小になり、助手席も前にずらさなくてはなりません。

3列目は2列目の下に格納するらしいのですが・・・

3列目の背もたれを倒すには、2列目を少し前にしないとヘッドレストが当たってしまう。

この状態でどうやって2列目に収納するのかわからず。

結局、横から2列目を跳ね上げ、その下に3列目を格納するみたい。

3列目を格納した状態。

こんなアクロバティックな方法で無理やり格納しなくてもいいんじゃないかと。

3列目を格納した状態と、背もたれを倒しただけの状態の荷室の様子。

お決まりのcareco標準搭載グッヅが載ってます。

走りに関しては、これまた良くもなく悪くもなく、以前のトヨタ車ほどではないけど、スカ、ふにゃ、ゆるっの感覚の名残りがある。

エンジンとCVTは、街乗りレベルでは普通に使えて、特にパワー不足はなかった。

ファミリー向けの車としては及第点といったところでしょうか。

でも、この使い勝手や室内の広さでフリードの対抗車として勤まってるのは、ひとえにトヨタの販売力でしょう。

これ、トヨタ車じゃなかったら全然売れないと思う。

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

Posted by osokuji