とにかく食事とワインが美味しいペンション 『夢野樹』@山梨・山中湖

おでかけ, グルメ@甲信越

小田原でレンタカーを借り、山中湖へ向かいます。

雨が降る中、Googleマップのナビの通りに国道246号から県道147号線に入る。

山道を進んでいくと雨がだんだんみぞれになり、三国峠に差しかかる頃には完全に雪になり、道路脇には雪がわんさと積もってるし!(;゜0゜)

ノーマルタイヤのレンタカーなので、宿までたどり着けるか不安に。

最近のクルマは標準でトラクションコントロールが付いていて、雪道で作動ランプがピカピカしてましたが、おかげで雪ドリをすることもなくなんとか進んでいく。

ちょうど峠のてっぺんに差しかかる頃、練馬ナンバーのレンタカーが立ち往生しており、おばさん4人組が傘をさして降りてきて、ポルシェ・マカンのドライバーと何やら話している。

追い抜ける道幅もないので、私はそのうしろで話が終わるのをじっと待つ。

どういう話になったのかわかりませんが、おばさんたちを置いてマカンが動き出したので、マカンのタイヤの跡をトレースするようについて行く。

ほうほうのていで、何とか宿にたどり着く。

写真を撮る余裕もなかったのですが、今回泊まるのは 『鉄板焼きとワインの旬宿 夢野樹』。

宿の公式動画があったので、くわしくはこちらをご覧くださいませ。

チェックインしてすぐに貸し切り風呂でゆっくり温まると、ようやく復活。

夕食はコースになっていて、まずは前菜から。

これ、ウマー!( ゚∀゚) 

オニオンスライスの下にトマトが入ってるんですが、トマトが苦手な私でも美味しいと思うくらい。

富士山の湧水で育ったニジマスのムニエル。

鉄板で作るムニエルは身がホクホクですんげー美味しい!

焼き魚を食べない息子もきれいに食べてた。

魚だけでなく和えられてるサラダもすんげー美味しい。

メインの甲州ワインビーフ

なぜワインビーフなのかは、メニューに書いてあったのでご参照くだされ。

美味しすぎるのでもうちょっとお肉食べたいな~と思ってたら、本日、追加があるらしい!

若い時なら懐具合で追加するかどうかが決まりますが、年いくと腹具合で止められてしまうという( ノД`)

もちろんワインもたくさんあるんですが、いろんなワインをちょっとずつ飲みたいのでグラスワインを頼む。

宿のご主人はソムリエの資格をお持ちで、リクエストに応えてくれます。

その中で特に気に入ったのは、赤ワインのライトボディ・軽め。

聞いてみたら、イケダワイナリーのベリーAの赤ワインなんだとか。

赤ワインはあまり飲まないのですが、機会があれば買いに行きたいですな。

シメは、ゆずシャーベットとチョコ。

これも他ではない美味しさ。

で、コーヒーも澄んだような軽い味わいで美味しい。

美味しすぎて3杯飲んでしまいました(^_^;)

コーヒーだけでなくごはんも美味しいのですが、たぶん水が美味しいからなんでしょうね。

その間も雪が止むことがなく、一晩明けて外を見たら一面銀世界!(;゜0゜)

全室富士山が見えるらしいのですが、見えるのは白い雪ばかり。

バルコニーの手すりの上に積もってる雪を見ると、10cmはある。

ちなみにこの日は4月1日。

4月なのに一晩で10cmも雪が積もるとは思ってもみなかったよ。

ノーマルタイヤのレンタカーなので、少なくとも除雪が来るまでは動けそうにありません。

下手すると、このまま足止めされるかも?!

これだけウソであってほしいエイプリルフールはありません。

でも、冗談じゃないよ~(;´・ω・)

動けるようになるまで、名物のホットサンドの朝食をゆっくりいただきます。

ふわっふわのパンにたっぷりのタマゴが入ったサンドと、野菜たっぷりの2種類のホットサンド。

ディナーに続き、モーニングプレートも美味しい。

フルーツをよく見ると、りんごとパイナップルが・・・

やっぱり んー! って合体させとかなくちゃいけませんな。

宿のご主人が駐車場から県道までの道を除雪してくれたおかげでなんとか動くことができ、県道へ出れば雪もなく走れました。

雪にはビビらされましたが、美味しい食事はもちろん、なにより敷地内完全禁煙、喫煙者お断り なところがすんごくいいペンションでした!

 

鉄板焼きとワインの旬宿 夢野樹
山梨県南都留郡山中湖村平野548-47

おでかけ, グルメ@甲信越

Posted by osokuji