新型コロナウイルスの抗原検査キットを準備する

日常雑事

新型コロナのデルタ株のまん延で感染リスクがかなり高くなっていますが、もし連休中に発熱などコロナの症状が出てしまっても病院が休みだったり、受診できたとしてもPCR検査の結果が出るのが休み明けになったりするので、発見隔離が遅れてしまわないよう、自分でできる抗原検査キットを取り寄せてみた。


このキットは唾液のサンプラーと試薬が一体になったペン型で、スポイトで試薬を吸ってプレートに垂らすなどの操作が不要です。

試薬が入ったキャップを外し、さらにサンプラーに付いてるキャップを外すと、ペン先に唾液を採取する不織布が付いてるので、説明書に従って唾液を採取します。

採取できたら本体ごと試薬入りのキャップに押し込むと、アルミフィルムが破れて試薬がサンプラーを通じて吸い上がってくる。

15分後に結果を読み取り、一応陰性でした。

このキットは陰性確定するものではなく陽性者を早く見つけるものなので、偽陰性で無症状感染の可能性はあります。

ただ、安心感は違うかと。

ゴールデンウィークにコロナに罹った人から、発熱してもなかなかPCR検査をしてもらえず、しかも結果は連休明けと言われてしまったので会社に常備してあったキットで自分で検査をして陽性判定になり保健所へ電話した、と聞いたので、検査キットを準備しておこうと思った次第です。

日常雑事

Posted by osokuji