GoToトラベルで鉄分補給にはもってこいのホテルに泊まる『ホテルアネシス瀬戸大橋』@香川・宇多津

おでかけ

今回、GoToトラベルを使って、香川県は宇多津にある『ホテルアネシス瀬戸大橋』に泊まる。


ツインを予約したんですが、なんだかシングルルームにベッドを2つ詰め込んだ感じで、ベッドの配置が特殊。

照明は暗めなので読書をするには向いてないかもしれませんが、スマホの画面を見るには問題なし。

無料で朝食も付いてるんですが、朝はゆっくりしたいし外で食べるつもりでチェックインの時に朝食を断ったところ、フロントの方から「自慢の朝食をぜひ召し上がってください」と強く勧められたので、そこまで自信があるなら受けて立とうやないか!という訳で、ホテルで朝食を食べることに。

朝食は密を避けるため時間定員制で事前に予約するのですが、一番遅い8:30~にする。

翌朝、最上階のレストランへ行くとバイキング形式の料理が並んでおり、自信満々だけに確かにどれも美味しい。

ただ、写真を撮るのを忘れたので、その自身の程はお伝えできませんが・・・orz

感染防止対策として、今やドレスコードになっているマスク必須なのはもちろん、使い捨ての手袋も置いてあったので手袋を付けて料理を取ろうとしたところ、他のお客さんはだれも手袋はしておらず、素手でトングを握っていたのがとても残念。

ホテル最上階11Fからの眺めはよく、瀬戸大橋も見渡せる。

夜もストロボがきれいに光ってました。

鉄分多めのマニアとしては、自慢の朝食よりも、瀬戸大橋から渡ってきたJRの線路が高松方面と松山方面に分岐するデルタ線まで見える方がポイント高い。

ホテルはJR宇多津駅の真ん前にあり、発着する列車をずっと見てられますが、この時、ちょうど岡山発松山行きのしおかぜ3号が宇多津駅に到着。

ここで通常ならしおかぜ3号が到着後、高松発のいしづち3号と併結しますが、現在はコロナの影響で併結はせず、いしづちは高松~多度津間の運行で、松山方面には多度津でしおかぜに乗り換える運用に変わっていた。

なので、いしづち3号はしおかぜ3号が来る前にすでに宇多津駅に到着しており、しおかぜ3号が到着後いしづち3号は併結せずに3両編成のまま出発。

しおかぜ3号は、5両編成のまま通常ダイヤで宇多津駅を発車しました。

また、前日に東京を発ったサンライズ瀬戸が琴平まで延長運転しており、ちょうど琴平から高松へ回送される285系も見られたり。

今回は、ツインの宿泊と四国水族館の入場券が付いたプランにGoTo割引が適用されて、2人で7,938円。

特に、大人2,200円の四国水族館の入場券が付いた宿泊料金にGoTo割引されるので、実質、水族館の入場券も割引されるというお得なプラン。

しかもこの入場券は、引き換え不要でそのまま水族館に入場できるので、翌日、ものすごく効果を発揮しました。

もちろん、地域共通クーポンももらえます。

朝食は美味しいし、鉄分補給もできてすごく楽しいホテルでした。

おでかけ

Posted by osokuji