S560に撥水コーティングをしてもらう

 クルマ@メルセデス・ベンツ Sクラス_W222

S560も納車から2年9カ月が経ち、納車前にヤナセ純正コーティングを施工してもらったものの、その効果もかなり弱くなってきた。

そのせいか、特にボンネットの根元側、フロントウインドウ側の真ん中あたりと、トランク後端の若干ダックテール風にゆるく反っている部分の水滴が流れず、乾いた跡が大きな雨ジミになってしまうように。

そこで、コーティング剤メーカーの知り合いにお願いして、中の人イチオシのコーティングを施工してもらうことに。

朝、車を預けて、夜に完成というたっぷり1日掛けてコーティングしてもらった結果・・・

う、美しい!( ゚∀゚) 

作業場所の蛍光灯がきれいに映り込み、黒が深くなってる。

外で見ても、写りこみがきれい。

ここで、このコーティングの実力を確かめるために、あえて1ヶ月洗車せずに放置したところ・・・

さすがに近くで見ると、ボンネットに細かな雨ジミが付いてるけど、1mも離れれば黒が深くて汚れが目立たない。

すごく撥水が効いているおかげで雨ジミが細かくなり目立ちにくく、さらに次の雨で流れてきれいになるという。

トランク後端の雨ジミもほとんど付いてない。

ドアノブから垂れた雨粒が線状の水垢になりやすいですが、水垢は付いてない。

再コーティング前は2週間も放置すると汚れが目立ってドエライことになってましたが、1ヶ月放置しても十分きれいな状態を保っている。

コーティングのついでに、サイドウインドウ周りのアルミのモールが白く錆びていたのをきれいに落とし、さらに保護フィルムまで貼っていただく。

さすがコーティング剤を作ってる中の人がチョイスしてくれただけあって、期待以上の仕上がりでした。