プレミアムな中華料理の賞味会へ行く 『三楽』@大阪・千里阪急ホテル

 グルメ@大阪

大阪・千里の千里阪急ホテルにある中華料理店 『三楽』


去年、ここで1日限定のスペシャルな料理を味わえる「賞味会」というイベント(記事)に行ったんですが、今度はさらに高級食材を使った「プレミアム賞味会」をするという営業を掛けられてしまったので、行ってみた。

ただ、値段が去年の賞味会の2倍なのにはちょっと引いたけど。。。

プレミアム賞味会のおしながき。

ぐるナイのゴチバトルで出て来そう。

この日の料理に合わせたシャンパンやワインを含めドリンクも飲み放題なんですが、あいにく車で行ったので、ノンアルコールビールしか飲まず。

マネージャーの挨拶とシェフの料理説明ののち、料理をいただく。

まずは国産伊勢海老と金目鯛の中華風刺身。

ぷりぷりとろとろな伊勢海老と、ほどよい歯ごたえの金目鯛はこのまま刺身で食べた方が美味しいと思うけど、特製の醤油をかけて全部混ぜていただくんだとか。

次に前菜盛り合わせ。

海老の塩揚げ、くらげとピータン、ホタテ揚げ
よだれ鶏、金華ハムとパオ生地

くらげにトッピングされているウニとホタテ揚げが濃厚で、ピータンもウマいのですが、特によだれ鶏にかかってる醤油が中国の醤油そのままの味で美味しい。

ふかひれ姿煮込み白湯仕立て

これは去年の賞味会で出てきたものと同じだったので、写真も去年と同じものを使う(本当は撮り忘れただけ)。

10時間煮込んだという白湯スープはコラーゲンたっぷりトロトロで、麺を入れたくなるぐらい濃厚な味わい(コメントも去年と同じ)。

クエとアオリ烏賊の上湯炒め&国産伊勢海老頭の豆鼓炒め

クエとアオリ烏賊の上湯炒めはホクホクの食感で、程よい塩味。

伊勢海老は最初の刺身で使った海老の頭の部分ですが、可食部分が少なめではあるものの美味しい。

黒毛和牛フィレ肉のステーキ フレンチソースと中国のソース

ソースはフレンチソース、岩塩、XO醤の中国ソースの3種類ありましたが、特にXO醤に中国の花椒が入っていて独特の風味(初めてだとかなりクサい)があり、中国で食べる味そのまんまで美味しい。

このステーキは客の前で焼いて豪快にフランベもしてくれたんですが、残念なことに焼き上がった肉をフライパンごと厨房へ引っ込め、盛り付けして出てくる。

せっかく客の前で焼いたんなら盛り付けまで目の前でやったらいいのに、厨房へ引っ込めたらそれが本当に目の前で焼いた肉かどうかがわからなくなるじゃないか。

燕の巣と乾物の旨味壺蒸しスープ

その名の通り旨味が凝縮されたスープに・・・

透き通った燕の巣を入れると、口の中でとろけてしまう。

北京ダックはテーブルの横で切り分けてくれます。

カットした皮をスタッフが巻いて出してくれるのですが、日本で食べる北京ダックは皮しか食べさせてくれないので大いに不満。

中国では皮だけでなく肉も骨もスープにして1羽まるごと食べるのが基本で、包むのも皮だけでなく少し肉も入れた方がおいしいのに。

干し鮑の中国粥

見た目以上に鮑が入っていて良かったのですが、お粥は日本人好みの雑炊ぐらいに味が付いていたのでちょっと味が濃い。

個人的には、中国粥はほとんど味がない方がいい。

最後に、杏仁豆腐とバニラアイスのホワイトチョコドーム仕立て 抹茶ソース

ドーム状に固まった冷たいホワイトチョコに・・・

熱々の抹茶ソースを十字にかけると・・・

ホワイトチョコが溶けて・・・

パカッ!とチョコが開いて、中からアイスと杏仁豆腐がコンニチハ!

と、なるところでしたが、ホワイトチョコが思った以上に分厚く、ソースの熱だけでは割れなかったのはご愛敬。

最終的にスプーンで割りました(^_^;)

バニラアイスと杏仁豆腐と抹茶ソースが抜群に相性が良く、すんごい美味しい。

これだけのコースを食べると、かなりお腹いっぱいに。

二胡の生演奏付きでしたが、二時間あっという間でした。

 

中華料理 三楽
大阪府豊中市新千里東町2-1
千里阪急ホテル1F
営業時間: ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~22:00(定休なし)

 グルメ@大阪

Posted by osokuji