圧巻の千枚田ともちもちたい焼きと絶品天然塩むすび 『白米千枚田』@石川・輪島

おでかけ, グルメ@北陸石川_20220505,石川県

能登半島を訪れた観光客がほぼ行くであろう白米千枚田へ。

『道の駅千枚田ポケットパーク』から白米千枚田を眺めると時期的にまだ田植え前でしたが、田んぼのスケール感だけでも見ごたえがある。

季節ごとに田んぼの風景が変わるのも良さそうですが、さすがにそこまでは追いかけないな。

案内板で千枚田の説明を見ると・・・

実際に田んぼは大小含めて1004枚あり、ホントに千枚田でした。

道の駅の売店に入ってみると・・・

有名人の写真やサインが飾ってあり、能登を代表する観光スポット感。

売店で陽気なおばさんから熱烈に勧められたので、千枚田名物たいやき 能登塩を買ってみた。200円也(税込)。

陽気なおばさんから買うと「200万円!」と請求されますが、支払う時は1/10000にデノミしてOK。

ま、私は500万円払っておつり300万円もらいましたけどね。

このたいやき、皮に練り込まれている能登塩が餡の甘さを引き立ててウマーい!

しかも、この皮がもっちもちで柔らかいのが特徴。

さらに、千枚田で収穫したコシヒカリで作った天然塩むすび。220円也。

ふわふわで絶妙なにぎり加減で、素朴な塩にぎりなのに激ウマ!

海苔の香りもよくて、こんなにおいしいおにぎりはなかなか出会えないかも。

そこで、売店で売ってた千枚田新米コシヒカリ1合半(500円也)を買い・・・

さらに奥能登塩田村で買った天然塩と、別の道の駅で買った岩のり(1,400円也)で、家でおにぎりを作ってみることに。

同じ味にはならないのは承知の上で、能登の恵みを味わいたくて。

あ、米を炊くために能登の水を用意せな!

 

道の駅千枚田ポケットパーク
石川県輪島市白米町ハ99-5

おでかけ, グルメ@北陸石川_20220505,石川県

Posted by osokuji