東京発のこだまは西日本300系F編成

 乗り物@新幹線,出張@国内

今回、東京からの帰りも新幹線でした。

実は当初、もう1泊して翌朝発の東海道昼特急のJRバスで帰ろうと予約もしてたんですが、今回の出張、どうも流れが良くない。

年に何回かはリズムが合わない日があるけれど、まさに今がそんな感じ。
こんな時は、バスで帰るためだけに泊まるようなことはせず、とっとと帰っちゃった方がいいだろうということで急遽予定変更、新幹線で帰ることに。

それでも普通に切符を買って帰るのも芸がない。
元々バスで安く帰るつもりだったので、新幹線でも出来るだけリーズナブルに済ませたいと思い、ぷらっとこだまを当たってみます。

前日、雨の中JR小山駅近くのJTBへ。
新大阪行きのこだまの最終、19:26発こだま683号のグリーン車をリクエストしたところ、通路側になってしまうとのこと。

グリーン車の通路側ということは、すでに窓際が売れているということなので、パス。
わざわざこだまにしてるのに、グリーン車の隣に誰かが座ってしまうのはお互い気分よくありません。
そこで普通車をお願いしたところ、こちらも満席。

やはり、週末は混んでるみたい。

仕方がないので、一本前の16:56発こだま673号のグリーン車を調べてもらうと・・・

窓際が取れました。

最終の一本前が夕方5時前になってしまいますが、この際早よ帰ってもいいでしょう。

こだま673号は東京駅18番線から出発。

ホームへ上がるとすでに列車は入線しており、車内清掃中でした。

列車は300系F8編成。

東海道区間しか走らないこだまで、JR西日本の車両が充当されています。

ちょうど向かいのホームに700系とN700系が入線してました。
09120420
横から並べてみると、時代とともに鼻先が長くなっているのがよくわかる。

さて、今回8号車に乗るのにわざわざ先頭車のところまでやって来たのは、東京駅18-19番線ホームの大阪寄りの端っこにある『鉄道建設記念碑』を見るため。

18番線に上がったついでにちょっと見ることに。

え、この人誰って?

鉄道好きなら知ってるであろうこのレリーフのお方。

第四代国鉄総裁、十河(そごう)信二。
当時、反対の声が強かった新幹線計画を進めた人物。
この人がいなかったら、今の新幹線はなかったでしょう。
レリーフのおでこや鼻がつるつるなのは、みんな触ってるからでしょうか?

そろそろ車内清掃も終わりそうなので、8号車へ戻ります。

JR東海のJ編成は茶色のモケットですが、西日本F編成はグレーのシート。

シートのデザインも若干違ってます。

テーブルはやっぱりシート背面にないと不便だなぁ。

フットレストも300系初期の小型で高さ調整が出来ないタイプ。

くるりんぱ、させて使うけど、なんだか貧弱ぅ。

そのくせ、訳わからんところにシート地と同じ布が貼ってあったり。

こんな感じで使えば、ちょっとは高さが稼げます。

読書灯のスイッチは、J編成ではオーディオパネルにありますが、F編成では100系と同じく真ん中の肘掛に。

スイッチの質感も100系と同じようで、今見るとなんだか安っぽい感じ。

ぷらっとこだまのクーポン券でプレミアムビールをもらい、大丸の地下で買った『豚と蓮根の甘辛』と『若鶏の塩から揚げ』をアテに、夕食代わりの一杯。

350mlのビール一本にしてはアテが多いって?
実はもう一本ビール隠し持ってます(笑)

では、いっただっきま~す!
ビールの缶を開け、アテをつまむお箸を・・・

 

ない・・・orz…

もしかして大丸の兄ちゃん、お箸付けてくれへんかったん?!
しゃーないので、つまようじを使お。

いつでもシーシー出来るように常につまようじ持っとります。
子どもの頃、父が名刺入れにつまようじを入れてるのが何となく嫌でしたが、今、同じようにするようになっちゃった(笑)

プレミアム熟撰は初めて飲みましたが、プレミアムモルツの方がいいかな。
『若鶏の塩から揚げ』はバジル風味でウマかった。

これで新大阪までの4時間、飲んで食ったらひと眠り。

300系は乗り心地が悪いのが難点。
改良されたものの相変わらずトンネル区間の揺れは激しく、テーブルに置いている缶が動いてしまう程。

でも、N700系の置き換えで廃車が進んでいる300系。
こんな体験が出来るのも今のうちかも。

 乗り物@新幹線,出張@国内

Posted by osokuji