地元の食材を堪能できる和風居酒屋 『神門』@島根・出雲市

おでかけ, グルメ@中国地方

島根県はJR出雲市駅前にある居酒屋 『神門』で晩ごはんをすることに。


地元、山陰の食材を中心とした料理を食べられる。

付け出しのローストビーフから、すごく美味しい。

焼きナスと山芋の冷やし鉢 600円也(税別)。

柔らかくて瑞々しいナス。

地元で水揚げされる魚を中心にした豊漁造り5点盛り 1,480円也。

境港で水揚げされた本まぐろ、今が旬のひらまさ、山陰沖で一本釣りされたいさき、夏のいさびり漁で獲れた白いか、それとサーモンの5点盛り。

数量限定の活アワビのお造りがあと一つだけ残ってるというので・・・

ラスイチのアワビをオーダー。

あわびの食感が最高!

日本海の名物、のどぐろの煮つけ。1,280円也。

”白身のトロ”とも言われるぐらいのどぐろは脂たっぷりな味わい。

普段、魚の煮付けはほとんど食べないんですが、のどぐろの煮付けは美味しい!

シメは出雲割子そば 704円也。

一人前のそばを3段重ねの器に入れ割子にするのが出雲そばのスタイル。

1段目に薬味とつゆを入れて食べたら、残ったつゆを2段目に入れ薬味とつゆを追加して食べ、さらに残ったつゆを3段目に入れて薬味とつゆを追加して食べる。

初めて出雲そばを食べましたが、そばはつなぎが効いてるのか少しコシがある食感で、つゆがすごく甘かったのは意外。

でも、これはこれで美味しい。

この店のつゆが甘いのか、出雲そば自体甘めのつゆなのかはわからないので、他でも食べてみて確かめてみよう。

 

和食居酒屋 神門
島根県出雲市駅南町1-3-3
営業時間: 昼11:30~14:00、夜17:00~23:00(定休なし)

おでかけ, グルメ@中国地方

Posted by osokuji