冷やして食べる絶品唐揚げ『努努鶏』@兵庫・中国道赤松PA

 グルメ@関西, グルメ@九州

先日、中国道赤松PAの売店を見ていると、福岡名物の冷やして食べる唐揚げ『努努鶏』(ゆめゆめどり)が売られてるじゃないか!

努努鶏の特徴は、何といっても キンキンに冷やして食べる という。

通販サイトでは2週間待ちなぐらい人気ですが、まさか関西で売ってるとは思いもよらず、久しぶりに買って帰ることに。

努努鶏 手羽中骨付き(中)。1,080円也(税込)。

箱を開けると、決して温めないでください と注意書き!

冷凍保存しておき、食べる前に常温でだいたい15~20分ぐらい置いておけば十分食べ頃。

パット見、名古屋の手羽先みたいですが、手羽中の唐揚げにゴマの入った甘辛いタレがかかってる。

食べ方も名古屋の手羽先みたいに、前歯で「ニーン」と絶妙な力加減で歯と骨で挟んで身を削ぐように食べる。

でも、冷たい!

冷たいのにカッチカチではなく、アイスクリームのような知覚過敏のおっさんでもしみることもなく、甘辛いタレがピリッと効いておつまみのような味わいで美味しい。

冷たいせいか温かい唐揚げより油っぽくなく、思わず何個もイケてしまう。

冷めても美味しい唐揚げはあるけど、冷やして食べる唐揚げは世界でこれだけではないかと。

中国道赤松PAで売ってるのは期間限定の催しかと思ったら、どうやら常設なんだとか。

 

努努鶏のサイト
http://www.e-yumeyume.co.jp/

 グルメ@関西, グルメ@九州

Posted by osokuji