【ライフ乗り換え次車選び】ついに次車決定!

 クルマ@フレアワゴンMM53S,  クルマ@ライフJB5

JB5ライフの乗り換え計画ですが、当初本命だっN-BOXは装備面や価格面が厳しいだけでなく、今回の車選びで最優先の「かわいいこと」でも見劣りしてしまい、ごめんなさいすることに。

結局、次車はスペーシアに絞り込み、このスペーシアをスズキで買うか、スペーシアのOEM車、フレアワゴンをマツダで買うかのどちらかに。

そうなれば、価格競争とディーラーのサービス面の差になる。

スズキは一見さんということもあってか、見積書になかなか具体的な値引きを含んだ金額を出してもらえない。

一応、定価の見積書を渡され、口頭で値引き8万円、下取り5万円、合わせて13万円ダウンを提示され、後は契約することを前提に上司決裁で+αがあるとか。

対してマツダは今までのお付き合いもあってか、値引きと下取り額も入った見積書をくれ、これを基に家で話をすると、どうしても具体的な金額が入った方に向いてしまう。

契約前提の上司決裁+αっていくらなん?

の一言で、先へ進まなくなってしまうし。

ディーラーのサービス面も、マツダはすでに付き合いがあり知ってるけど、スズキは未知。

という訳で、なんだかスズキへ行くのが面倒になってしまい、マツダでもう一声いただきに。

マツダでは、いくらなら決めてもらえますか?と聞かれたので、ちょっと遠慮して・・・

193万円なら・・・

と言うと、奥に入って店長さんと電卓叩いて頭を抱えている様子。

で、戻ってきた結果・・・

では、その金額で!

と、きっちり193万円の見積りが出てきた。

これで決めようと思ったところ、見積りの中に希望ナンバー代が入ってるじゃないか!

今回は希望ナンバーじゃなくてもいいのでこの費用を外してもらい、最終的に192万80円に。

本来なら80円も切って欲しいところですが、この80円を引くと値引き可能な金額を超えてしまうそうで、端数は切らないことに。

改めて見積書を見ると、13年落ち3万キロのライフに2ケタ万円(リサイクル料込)の下取り額が付いてるし。

という訳で・・・

 

トントン、ハァ~

 

バン!

ご注文、ありがとうございま~すっ!

となりました。

よう考えたら、ライフは97万円で買ったのに、この13年の間にずいぶん高くなったなぁ。

でも、ライフは最低限の特別グレードなのに対し、今度のフレアワゴンはハイブリッド、アップグレードパッケージ、全方位カメラパッケージ、ツートンカラーと、装備が全然違うからしゃーないか。

ところで、スペーシアは8/20に、フレアワゴンは9/3にマイナーチェンジするんですが、主な内容は・・・

・自動ブレーキの検知システムがデュアルセンサーからデュアルカメラに変更。
→アイサイトと同じ検知システム?
・全車速追従クルーズコントロール。
→アイサイトと同じく停止まで追従するが2秒後にブレーキが解除される。
・サイドカーテンエアバッグ標準装備
・USB充電端子が2口+全方位モニター1口で計3口。
・オートライトのデフォルト設定がAUTOに。法規制対応。
→ドイツ車と同じ?
・ツートンカラーに付いていたルーフレール廃止され、ツートンの値段が66000円から44000円に減額。
→ルーフレールがない方がいい。
・アップグレードパッケージのアルミホイールが廃止。
→むしろ鉄チンがいい。

他にも設定色の変更やメーター、ヘッドアップディスプレイの表示変更などがある。

マイナーチェンジがあるので納期は少し長めで、9月末頃生産、10月初旬納車、となりました。