アクセラがマイナーチェンジするというのでディーラーに呼ばれる

 クルマ@アクセラBMEFS

アクセラの自動格納ドアミラーの不具合を見てもらうためにディーラーへ行ったその日、実は担当さんから

新型アクセラの資料が届いたので見に来ませんか?

と連絡をいただいておりました。

図らずしてドアミラーを診てもらってる間、社内資料を見せてもらうことに。

その資料には複写、配布、撮影、インターネット等への書込み不可と書かれてたので、書かれてたこと全てを書くのはやめておきますが、すでにネット上で明らかになっている範囲で言うと、1.5Lディーゼルが追加され2Lガソリン車がなくなるのは微妙なところ。

2Lガソリンがなくなることで、自分の車のリセールバリューに影響するんでしょうかね?

新しいSKY技術のG-ベクタリング・コントロールは、試乗車が来たらぜひ体感してみたい。

安全装備や機能面がものすごく充実するのは、はなはだ悔しいところ(笑)

最初から付けておいて欲しかったよー( ノД`)

ヘッドライトがLEDになると同時にシグネチャーのデザインも変わるんですが、これは現行の方が好きだな(負け惜しみも含む)。

ひとつひとつの変更点は他所におまかせ、というか、発売になれば全部わかることですが、この資料で面白かったのは、新世代商品のオーナーはマツダのクルマづくりの最大の理解者だということ。

購入にあたり重視するのは、デザイン、走る楽しさ(以下略)ということで、ここには価格が入ってなかったのは興味深い。

これ、日経ビジネス系サイトのインタビュー記事にも載ってたっけ。

てかワタクシ、全部当てはまってるんですけど!(笑)

確かに最近のマツダのものづくりのポリシーにはおおいに共感するところですが、一昔前はこういうの、ホンダが得意だったような。

非常に面白い資料でしたが、来年の車検、どうしよっかな~

 クルマ@アクセラBMEFS

Posted by osokuji