ドアロック修理

 クルマ@アコードワゴンCF6

最近、アコードワゴンの右リアのドアロックの調子が悪くなってきました。

運転席の集中ドアロックやキーレスのリモコンでドアロックを解除しようとしても、右リアだけツマミが上がらず解除されません。
症状が出始めた頃はたまにしか起こりませんでしたが、だんだんと頻発するようになり、近頃は解除だけでなくロックもされなくなくなってしまいました。


ディーラーで見てもらったところ、ドアロックアクチュエーターを交換。工賃込みで1万円ほどになるとのこと。
まあ部品代はいいとして、リアドアの工賃5千円はちょっと高いんでないの?と思うんですが、工数は決められてるんでしょうがない。
フロントだったらやってもらうところですが、リアはドアの内張りを外すとアクチュエーターが見えるので、それを取り替えるだけ。

ということで、自分で交換することにしました。

部品を発注します。
アクチュエーターASSY R.リヤードア
品番: 72615-S84-A01 5,775円。

ドア内装を外したのなんて何年ぶりでしょう?(笑)

ビニールのシートをはがすとアクチュエーターが見えました。
このビニールシートをくっつけているガムみたいな糊には触れないようにしましょう。
ちょっとでも指に付いちゃうと、取れない取れない・・・

ビス2本とロッド、配線を外すと、アクチュエーターが取り外せます。

新しいアクチュエーターを取り付け。

あとは元通りに内装を取り付けるだけ。
こんな作業は超久しぶりだったので、窓の部分に引っ掛けるのに少々てこずってしまいました・・・

無事ドアロックの修理ができたところで、取り外したアクチュエーターをちょっと分解してみました。

中身は、モーターでウォームギアを駆動するようになっています。

モーターは特殊なものではないようです。

ただ、円筒ギアの中心を通っているモーターの軸が取れちゃいました。

断面を見ると、折れている様子はなさそうです。
正常品を見てないので、これが折れたものなのか、元々そういうものなのかはワカリマセン。

まあ、これくらいだったら、自分でやった方がいいかもね。

 クルマ@アコードワゴンCF6

Posted by osokuji