売る気がなくなったかろいちを諦め、『かにはん』でカニを買う@京都・京丹後

 グルメ@関西,  グルメ@中国地方

今年もカニシーズンが始まったので、いつもの通り鳥取県は賀露港の『かろいち』へカニを買いに行く。


ところが!

去年までとなんか雰囲気が違うような。

目に見えるところでは、すなば珈琲があった場所に『すなばのかに小屋』というセルフでカニを食べられるレストランができていた。

元々のすなば珈琲はどうしたんだろうと思ったら、横に置いてあるコンテナで営業中。

喫茶店がコーヒーよりもカニに軸足を移したんか?

で、かろいちでカニを買おうと見てみると・・・ あれ?

なんかいつもより少なくない?

聞くところによると今年は不漁で、数は少ないしカニは小さいし値段は高いし。

不漁なら仕方がないところもありますが、それよりもお店の人も売る気がないというか、覇気がない。

いつも「これだけまとめていくらにして!」と値段交渉をしますが、それも市場で買う醍醐味のひとつ。

でも今年は売る気がないのか、市場なのに定価販売しかしないらしい。

ん?!

定価販売しかしないんなら通販でいいじゃないか。

税務調査で指摘でもされたんか?

もう完全に買う気を無くしたのですが、とはいうものの晩は10人でかにすきをする予定なので手ぶらで帰る訳にもいかず、とりあえず必要最低限の分として2杯だけ定価で買う。

もう二度と来るか!

と思いながらすぐにかろいちを出て、京都を目指して東へ。

約2時間かけて、久美浜温泉の東、京丹後市にある『かにはん』へ。

かにはんは、個人的に満足度が高いカニ売り場なので。

時間も遅めでしたが、並んでいるカニは例年通りしっかりした大きさで、値段もいつも通り。

店のおっちゃんに「これだけまとめて2万にして!」と言うと、二つ返事でOK。

きっちり発泡スチロールに氷も入れてもらい、必要分調達できた。

これならかろいちで買わなくてもよかったなぁ。

ちなみに、↓これはかにはんで買ったカニ。

↓で、これは同じ値段のかろいちで買ったカニ。

全然違うやんけ!

ちょっと苦労して買ったカニをかにすきにして堪能。

もちろんシメは、カニのエキスがたっぷり出た出汁で作る雑炊。

カニ雑炊も、普通にお椀によそって食べるのと、カニの甲羅によそって食べるのとでは味が違うのが不思議。

もう来年からは、かにはんで買おう。

 

お土産処 かにはん
京都府京丹後市網野町木津5

 グルメ@関西,  グルメ@中国地方

Posted by osokuji