豪華な食材と美味しい鉄板焼き 『鉄板焼 天』@名古屋・JRゲートタワー

 グルメ@名古屋

名古屋駅でお昼を食べようと、名古屋駅に隣接したJRゲートタワーの13Fレストラン街にある『鉄板焼 天』へ。

開店5分前にはお客さんが並びはじめたので、私も一人で並ぶことに。

開店とともに一組ずつ案内され、次は私の番。

店頭のランチコースのメニューを見ると、どれもウマそうですが、値段も結構高めのようで。

おひとり様の私はカウンターの一番入口側の端の席に案内していただき、両端でおふたり様に挟まれずに済む。

目の前の鉄板で調理する様子も楽しめる。

今回はあわびコースをオーダー。4,800円也(税別)。

注文して10秒経たないうちに、コース1品目のずわい蟹のサラダが出てくる。

神々しく光る金色の皿に盛られたサラダには、かに身、とびこが乗っかり、他では食べたことのないかにみそのソースが激ウマ。

2品目は焼うに

ごはんの上に卵の黄身漬けと、その黄身が隠れるほどに生うにが乗っかり、これを海苔巻きにしていただく。

うにの風味が口いっぱいに広がり、黄身とうにの相性も抜群。

焼うにといっても、うにを焼いたものではないようで、鉄板で海苔とごはんを焼いて、そこへ黄身漬けと生うにが乗っかる。

あわびコースの主役、あわびの鉄板焼

分厚いあわびとエリンギをバターで焼いてあり、どちらもそれぞれ食感を堪能できる。

添えられているワカメも美味しい。

メインは特選サーロインステーキ

サーロインステーキを岩塩、わさび、白しょうゆで味わいますが、肉にも味が付いてるので、一切れずつ味変させてよーく味わう。

レアに焼かれたサーロインは、噛まなくても溶けてなくなる。

肉と一緒に白米鰹と昆布の一番だしが出てくる。

ごはんは肉と一緒に食べるのも良し、だしを飲んでも美味しいけど・・・

やっぱりだし茶漬けにして、肉にわさびを乗っけて食べるのが王道。

デザートは、まずパウンドケーキとマンゴー、いちご、小倉あんが乗った大きなプレートが運ばれてきて、好きなだけ取り分けてもらえる。

ちょっと控えめにチョコと抹茶のパウンドケーキを一つずつ、あとはマンゴーといちごをいただき、小倉あんは取らず。

飲み物はコーヒーかジャスミンティを選べますが、口の中が肉感が強くサッパリしたかったこともあり、ジャスミンティーをいただく。

さらに、ほうじ茶のアイスまで付いてくる!

もう食後のデザートの域を超え、これだけで独立したメニューとして十分やっていけそうなボリューム。

コースを注文するときに「40分ぐらいで食べ終われますか?」と聞いたら、「全然大丈夫です」とのことでしたが、急いで食べることなくちょうど40分で食べ終わる。

ホールスタッフの笑顔での接客も良く、値段に応じた美味しさとサービスに満足。

これは接待に連れてきても全然OKだな。

 

鉄板焼 天 名古屋店
名古屋市中村区1-1-13
JRゲートタワー13F
営業時間: ランチ11:00~15:00(LO.14:30)、ディナー17:00~23:00(LO.22:00)(定休なし)

 グルメ@名古屋

Posted by osokuji