上海の日本料理店で美味しいうなぎのしゃぶしゃぶを食べる 『うなしゃぶ近藤』@上海・虹橋郁錦香賓館

 グルメ@海外(中国), 出張@海外(中国)

今回上海では虹桥郁锦香宾馆(旧虹桥宾馆)に泊まったのですが、このホテルの1Fにある日本料理店『うなしゃぶ近藤』へ行くことに。

うなぎのしゃぶしゃぶが食べられるお店なんですが、うなぎのしゃぶしゃぶなんて初めて聞いた。

店の入口で靴を脱ぎ、畳敷きの廊下を奥へ。

中は、畳の部屋にテーブルといすの個室が並んでる。

今回はコースを頼んでいただいたので詳しい内容はわからないのですが、400元ほどのうなしゃぶのコースらしい。

はじめのお通しは、豆腐と玉子の黄身。

めちゃめちゃウマいがな!( ゚∀゚)

日本の会席でもなかなか味わえない高レベルな味付け。

次に出てきたのがうなぎの白焼き。

もちろん塩でいただきます。

めちゃめちゃウマいがな!( ゚∀゚)

外はカリッと中はふんわりな白焼きで、ホンモノのうまさ。

うねぎの骨せんべいが出てきたあと、うなぎのしゃぶしゃぶセットが出てくる。!

てっちりのように薄いうなぎの身が花が咲いたように並んでいる。

この写真で3人前。

食べ方指南によると、二切れ取って昆布だしの湯に10秒しゃぶしゃぶするらしい。

その様子は動画でどうぞ。

めちゃめちゃウマいがな!( ゚∀゚) 

フグよりぷりぷり感のある食感でほんのり鰻の脂の味わいもあり、これをポン酢で食べます。

日本でも食べたことがなかったうなぎのしゃぶしゃぶを、まさか中国で初めて食べて、しかもかなり美味しいとは思わなかった。

シメに雑炊もあり、うなぎのウマさを余すところなく堪能。

食後のデザートは玉子プリンをチョイス。

プッチンプリンのような甘めのプリンですが、めちゃめちゃウマいがな!( ゚∀゚) 

中国へ来たらやっぱり中華料理が食べたい派の私は、日本料理店を予約したと聞いたときに「なんでわざわざ中国で日本料理を食べなあかんねん。日本料理は日本で食うのが一番ウマいやん!」と思ったんですが、すいません、侮ってました。

日本で食べたら1~2万円は取られそうな味と内容ですが、それよりはかなりお手頃に食べられるし、接待でも十分使えるお店です。

 

うなしゃぶ近藤
上海市长宁区延安西路2000号
虹桥郁锦香宾馆1F