鯖の養殖も手掛けている鯖愛が強すぎるとろさば料理専門店『鯖や SABAR』@福井・小浜

 グルメ@北陸

大阪・豊中にある鯖愛が強すぎる鯖専門店『鯖や』

鯖やがやってる、とろさば料理専門店のSABARは関西、関東を中心にお店がありますが、鯖で有名な福井県は小浜の漁港にある『SABAR 鯖街道 小浜田烏店』へ。


店の目の前は、海。

そんな立地にふさわしく、海の家の雰囲気のある鯖専門店。

このお店では天然の鯖の他に、小浜の海で養殖したブランド鯖「よっぱらいサバ」も食べられる。

マグロやサンマなど、今まで日本人が普通に口にしていた魚の漁獲量は減ってきており、鯖の漁獲量も激減しているらしい。

そんな事情もあり全国各地で鯖養殖の研究が行われていますが、かつては鯖の一大産地だった小浜でも養殖に力を入れています。

小浜で養殖されている鯖の餌には京都の酒蔵から出た酒粕が使われており、それで「よっぱらいサバ」と命名。

餌に酒粕を混ぜることで、鯖独特の臭みが抑えられるんだとか。

そんなよっぱらいサバの給餌体験をさせていただきました。

餌をあげる前に「おはよう!エサあげるよー!」と大きな声を掛けてから餌を撒くと・・・

鯖が水面から飛び跳ねて餌を召し上がっております。

すんごい元気いい鯖たち。

このお店では、この小浜で養殖されたよっぱらいサバを食べられる。

朝とれたてのよっぱらいサバの造り。

鯖は傷みがはやいので、新鮮でなければ刺身は食べられません。

鯖に酒粕を食べさせると臭みが抑えられるとのことですが、確かに臭みがない。

ただ、多い時で週5、少ない時でも週1で鯖を食べている鯖好きな私としては、鯖の臭みも含めて”鯖”なので、臭みのない鯖というのはどうも鯖らしくない。

やっぱり何事も、少しクセがあるほうがいいのかも。

それでも抜群に美味しい鯖には間違いありません。

小皿には、名物の鯖のへしこ、鯖寿司、鯖のぬたなど、酒が進みそう。

鯖揚げはふかふかな白身の食感がうまい。

SABARはどのお店も鯖愛が溢れていて、オープン時間も「いいサバ」の11:38から。

営業中の看板は「営魚中」

ちょっとさかなくんっぽい。

店内の壁からも、鯖愛が伝わってくる。

乾杯のご発声は「お疲れサバ!」でよろしく候。

お盆に敷いてる紙には、鯖がらみの早口言葉。

お店のスタッフのTシャツは、サバニーガール。

単に美味しい鯖を提供するだけでなく、水産資源を守る取り組みから力を注いでおられる鯖愛たっぷりな鯖やさんです。

 

SABAR 鯖街道 小浜田烏店
福井県小浜市田烏 63-14-1
営業時間: 11:38~16:00(LO.15:00、土日祝のみ営業)

 グルメ@北陸

Posted by osokuji