シロノワール味の小枝は、どれだけシロノワールを再現しているのか確かめてみた

 スイーツ@名古屋

この前名古屋に行った時に、コメダ珈琲のシロノワール味の小枝を見つけました。


食べてみると、メープルとソフトクリームの味わいとほんのりパンの風味もあって、まさにシロノワール!

想像以上にシロノワールの味わいが再現されていたので、これがどの程度シロノワールを再現してるのかを試してみたくなり、実際にコメダ珈琲へ行ってシロノワールと食べ比べてみた。

おひとり様だったので、ミニシロノワールを使用。

シロノワールの構成要素をデニッシュパン、ソフトクリーム、メープルシロップの3つに分けてみると、小枝はかなりメープル感とソフトクリームの味が強く、デニッシュパンの味が少なめ。

対してシロノワールを普段食べてるようなバランスで食べると、デニッシュ感がかなり強く、クリームとシロップが添えられてるような味わい。

まあ、そりゃそうだ。

なので、シロノワール味の小枝は、デニッシュに対してクリームとシロップをかなり多めのバランスでシロノワールを食べた時の味わいが一番近い

但し、シロノワールの食感とサクランボは小枝では全く再現されていないので、今回の判定からは外しています。

あともうひとつわかったのは、温かいデニッシュと冷たいソフトクリームを同時に食べると知覚過敏にはものすごくツラいんですね。

 スイーツ@名古屋

Posted by osokuji