チョコレート風味の発泡酒 『ショコラブルワリー ビター』を飲んでみた

お酒

近くのスーパーで見慣れないビールが置いてありました。

Chocolat Brewery BITTER(ショコラブルワリー ビター)

サッポロビールとROYCEのコラボで生まれたビール・・・
と言いたいところ、缶には”発泡酒”って書いてある。

この際ビールか発泡酒かは問題ではなく、気になるのは”ショコラ”の部分。
缶のデザインが発泡酒らしくないこともあり、ひと目で気になってしまいました。

缶を手に取ってみる。

麦芽とカカオから作られていて、チョコの香りと苦みがあり・・・

ん~想像も付かん。
発泡酒(の税率)でありながら、プレミアムビール並みの価格に期待と不安を抱きながらも、試しに1つ買ってみることに。

もしかして発泡酒なのは、税法上のビールで定義されていないカカオを原料としているからなのかも?
アルコール度は5%です。

ビールグラスに注いでみる。

一見、黒ビール。
カカオで黒いのか、元からブラックモルトなのかはわかりません。

ほんのりカカオの香りがあり、ビールの香りは少なめ。
味もカカオの風味が強めでホップの苦味とは違ったカカオのビター感が広がり、後味は黒ビールのような甘さも。
まさに、チョコレート&ビール。

ちなみにこのグラス。
ギネスビール専用グラスなので、何も言わんかったらギネスビールが入ってると勘違いしそう。

泡の質はギネスと全然違うけど・・・

話のネタに一度試してみてもいいけど、また飲もうとは思わんかな。

お酒

Posted by osokuji