タイムズカーシェアでWAKEを借りてみた

 クルマ@レンタカー・カーシェア・代車

タイムズカーシェアで、ダイハツ・ウェイクを借りてみた。

今、日本で一番売れているN BOXをはじめ、軽自動車はワゴンRのデビュー以来トールワゴンが主流ですが、ウェイクはさらに全高を高めたスーパーハイトールワゴン。

なので、正面から見るとひょろ長いシルエット。

全幅は軽自動車枠に収まる1,475mmなのに対し全高は1,835mmもあり、特に後ろからカーブを走っているのを見ると倒れはしないかと思ったり。

まあ、そのへんは初代ベンツAクラスのようなことはならないよう対策はしてるでしょうけど。

個人的にずっと思ってたんですが、テールランプが角カッコみたいに[  ]な形に光るので、CSSの属性セレクタみたいやなぁと。

最近のスライドドアを持つ軽自動車は、みんな後ろのスライドドアのレールがリアフェンダーのすぐ上にありますが、全体的に重心が低く見える効果があるのかも。

155/65R14のタイヤでノッポなボディを支える。

フロントウインドウは湾曲していて、コストがかかってそう。

車高1m83cmのルーフにヘリカルショートアンテナが付いていますが、こんな高い場所にはヘリカルアンテナじゃない方がいいんじゃないの?

フロントシートはベンチタイプ。

センターに跳ね上げ式の肘掛けがあり、中は収納ボックスになっている。

インパネはセンターメーターですが、ステアリングやシフトノブなどは今どきのダイハツ車共通。

このグレードには、センターメーターにタコメーターはありません。

本来、アナログメーターは文字盤を正面にして読まなければなりませんが、センターメーターだと正面からは見られない。

室内の天井も高いのでバックミラーが遠く、見上げるようにしなければなりません。

Aピラーのウインドウも大きく、視界はすごくいい。

左ドアミラーの下にフロントフェンダーとリアフェンダー付近が見える補助ミラーがありますが、慣れるとすごく見やすい。

カーシェアのクルマでも、エンジンプッシュスイッチと両側電動スライドドアを装備。

フロントシートに比べリアシートの座面は少し大きめ。

シートの前後間隔は十分広いのですが・・・

N BOXよりは少し狭め。

スライドドアにはサンシェードまで付いており・・・

これはなかなか生意気な装備。

ラゲッジは前後方向には狭いですが、高さは十分ある。

ボンネットは高い場所から開く。

3気筒のNAエンジンで1000kgの車重を引っ張りますが、街乗りでは特に不満なくよく走る。

でも、さすがに上り坂では90km/hぐらいから加速しません。

車高が高いのでやっぱりバネ上がよく動き、まっすぐ走らないので常に修正舵を当てなければなりません。

また、高速で横風が吹いたりトラックに抜かれたりすると煽られてしまいちょっとこわい。

街乗りだけならいいけれど、高速を走ると疲れやすいかも。