大阪名物、阪神のスナックパークで食べ歩き@阪神百貨店梅田本店

 グルメ@大阪

久しぶりに大阪梅田の阪神百貨店にある立ち食いフードコート、スナックパークへ行くことに。


私の中ではスナックパークといえばラーメン、ラーメンといえばスナックパークなので『うまかラーメン』 へ。

小学生の頃、日曜日になるとスナックパークに来て、当時180円だったしょうゆラーメンを食べてました。

お店のおじさんが注文を聞いて、麺とスープが入ったどんぶりにチャーシュー、ねぎ、もやし、コーンを乗せる手さばきの速さがカッコよく、いつまでも飽きずに見入ってました。

あれから値段も内容も変わってしまい、今ではしょうゆラーメンは350円(税込)に。

それでも安いけどね。

という訳で、しょうゆラーメン

具材がチャーシュー、わかめ、メンマ、ねぎ、もやしに変わり、さらにスープも昔よりも澄んでいますが、学食ラーメンのような味わいは、なんだか懐かしくもあり。

風味が強めの麺は、喉の通りがよくササッと食べられる。

私は食べたことありませんが、みそラーメン(400円也)にチャーシュー追加(110円也)。

ザ・スナックパーク!と言ってもいいスナックパークの代表メニューといえば、阪神名物のいか焼き

プレス鉄板がずらりと並び、焼きあがったいか焼きをベルトコンベアーに放り投げる職人のような動きに目が離せません。

ここで食べる時は決まって いか焼き(154円也)と デラバン(209円也)のセットで。

注文する時に「いかデラ1枚ずつここで食べます」と言うと、職人のような素早い手さばきでいつの間にか出されてるという。

大阪でいか焼きといえば粉もんで、決していかの姿焼きではありません。

独特の風味の生地に弾力のあるイカが混ざっていて、これが激ウマ!

デラバンは玉子といか焼きを一緒に焼いたもので、昔は普通のいか焼きよりも好きでしたが、今は玉子感がむしろ邪魔でノーマルのいか焼きの方がいい。

皿になっている発泡トレーは、以前は普通の四角いトレーでしたが、いつの間にやらイカの形になっている。

スナックパークをぐるっと回ると、しらす丼のお店『安芸しらす食堂』がオープンしてました。

湘南のしらすを食べてからというもの、しらすへのハードルがグン!と上がってしまいましたが、試しに食べてみることに。

釜揚げしらすと生しらすがハーフ&ハーフになった合盛りしらす丼。780円也。

どんぶりにみそ汁も付く。

ちょっと小ぶりのしらすですが、ひと口食べてみると・・・

ま、こんなもんか。。。

やっぱり生しらすは難しいよな。

それに、ごはんもちょっとパサパサだったし。

よく見るとこのお店、8月2日までの期間限定だったみたい。

なので、今はもうありません。

 

スナックパーク
大阪市北区梅田1-13-13
阪神百貨店梅田本店B1F

 グルメ@大阪

Posted by osokuji