毎年食べる絶品わらび餅 『遊形 サロン・ド・テ』@京都・中京区

 スイーツ@関西

京都の吉田神社へ参拝した帰路、京都の老舗旅館、俵屋旅館プロデュースのカフェ 『遊形 サロン・ド・テ』へ。


ここでいただくのは、今年も俵屋のわらび餅 抹茶と 2,260円也(8%税込)

竹に入った黒蜜わらび餅は、箸で持ち上げるとちぎれてしまうくらいとろっとろ。

粉塵爆発を起こせるんじゃないかと思うくらい微細なきな粉は、最近、加齢が進みおじいちゃん化している私はよくむせる。

わらび餅を食べた後は点てたての抹茶が出てきますが、苦味はほとんどなく粉感ゼロで飲みやすい。

抹茶の後はお口直しの白湯にぶぶあられと甘納豆をいただく。

さすが京都のぶぶあられ、美味すぎる!

初めて訪れた時、メニューを見て値段にビビりながら食べたわらび餅ですが、正月の景気付けに勢いで頼んで以来、何かいい一年が過ごせている気がするので、ゲン担ぎに伺ってます。

このわらび餅を食べて、こういうお店に気兼ねなく入れるようにガンバロ!と思いがむしゃらに働いた結果、おかげさまで気兼ねしなくても行けるように。

来年もここでわらび餅を食べられるようにがんばろう!

 

遊形 サロン・ド・テ (YUKEI SALON DE THE)
京都市中京区姉小路麩屋町東入ル中白山町288-14
営業時間: 11:00~18:00(火曜定休)

 スイーツ@関西

Posted by osokuji