グルメ

コロナ禍で海外渡航客が激減して、JAL国際線ラウンジで食べられる特製オリジナルカレーが通販されるようになりましたが(記事)、同じように国際線の機内食も数量限定で通販されるようになりました。

BISTRO de SKY 第八弾、JAL国際線こだわりの機内食シリーズ。6食セット5,890円也(税込)。

ハヤシライス、スパイシーチキンライス、オムライスとハンバーグの3種類×2食入り。

グルメ

前から食べてみたかった、ローソンストア100で売ってるウインナー弁当。216円也(税込)。

デフレの申し子のような割り切った値段設定ですが、令和になって発売されたのはすごい。

グルメ

カネテツが作るカニカマ「ほぼカニ」は、本物のカニ身よりもカニじゃないかと思うぐらいカニ身が再現されており、もはや芸術の域に達してるのではないかと思うほど。

そんな「ほぼ」シリーズに新しく 大粒 ほぼカキフライが登場したので、どれくらい再現されてるのかを確かめてみることに。

グルメ

コロナ禍で海外渡航客が激減し、JAL国際線ラウンジで食べられるJAL特製オリジナルカレーが数量限定で通販されましたが(記事)、毎回発売してすぐに売り切れるほど大人気。

しばらく販売再開を待ってましたが、先日、再開されたのですぐにポチる!

グルメ,自由研究

いきなりですがワタクシ、おいしいキュウリを選別できます。

キュウリはよく、表面のいぼいぼが立ってる方がいいと言われますが、これは輸送中に取れてくることがあるのでほとんど気にしてません。

ポイントはヘタの切り口の色と、ヘタ側のキュウリの先端付近の硬さ。

グルメ, グルメ@東京

羽田空港の『BLUE SKY』で食べられるビーフカレーをお取り寄せ。

コロナ休業のせいで食材が余ってしまったらしく、期間限定で通販してたので。

グルメ

JAL国際線ラウンジで食べられる特製カレーといえば、初めは知る人ぞ知るラウンジの隠れメニューだったのが、そのうまさが知れ渡ると人気に火がつき、ついにレギュラーメニューに昇格した逸品。

海外出張の時、離陸後すぐに機内食が出るのがわかっているのにラウンジでこのカレーを食べずにはいられず、結果、お腹いっぱいで搭乗することになってしまうという。

グルメ

無印良品のレトルトカレー(記事)と一緒に、カレーうどんスープも買ってみた。

グルメ

最近、我が家のレギュラーメニューになっているのが、無印良品のレトルトカレー。

毎回マストなのは、マイランクNo.1のプラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)に、定番のバターチキンキーマですが、今回初めてプーパッポン(蟹と卵のカレー)を試してみる。

グルメ

この前、スーパーへ行ったらこんなん売ってました。