クルマ@NDロードスターRF(3型)

今年の桜は少し早めの3月には満開になりましたが、あったかい日には屋根を開けて走ると気持ちいい。

そんな訳で、桜フォトを撮ってみた。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ダウンサスを入れて少し足回りをいじったロードスターRFですが、慣らしがてら琵琶湖へドライブ。

この時期、屋根を開けて湖岸道路を走ると気持ちいい。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

早いもんで、2台目ロードスターRFも1ヶ月点検。

今回もメンテナンスパックに加入していますが、メンテナンスパックに入ると、新車1ヶ月点検でピットで点検の立ち会いができるというありがたいサービスをしてます。

オフィシャルでピットに入れる機会はあまりないので、うれしくてワクワクしたほど。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRFの車高を少し下げました。

というのは、ドノーマルで乗ってた前の白いロードスターRFの時もタイヤハウスのすき間は気にはなってましたが、まあそのままでも大丈夫かな、というレベルでした。

ところが、色が紺になった今、色のせいなのかタイヤハウスのすき間が目立ち、腰高感というかオフロード感が出てしまい、なんだか「ロードスター・クロス」みたいな。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRF(2型)からロードスターRF(3型)へ乗り換えてみると、オーナーレベルでしかわからないような変化が多く、同じ車なのに似て非なるところも。

まずはわかりやすい見た目のところから。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

最近のマツダ車は、初めからヨーロピアンな音色のホーンが標準装備されている車種が多いのですが、ロードスターRFには未だ丸いお皿の「ピーピー」と鳴るホーンが付いてます。

前車2型ロードスターの時は、納車前にアクセラ用の純正ホーンを部品で取ってもらい、ホーンを交換した状態で納車してくれてたんですが、どうも最近は環境性能割(旧自動車取得税)の課税逃れを指摘されるので、納車前に部品を取ることができなくなったらしい。

納車前に取り付けるならその分も税金取るぞ!ということのようで。

てな訳で、納車後にホーンを発注。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

この前、白いロードスターRFをドナドナする前にTV解除キットとレーダー探知機を外しましたが、それを青いロードスターRFに取り付けます。

前と同じように付けたらええわ〜と思ったら、新しいロードスターRFは異音対策なのか配線に防振用のスポンジが巻かれていてスペースが埋められてしまい、ただでさえ狭いインパネ内部にスペースを確保するのがちょっと大変だった。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

年明けにハンコを押した青いロードスターRFですが、いよいよ納車となりました。

白いロードスターRFから青いロードスターRFへ乗り換え

並べてみると、色によってだいぶ印象が違う。

こうして見ると、やっぱり白もいいなぁ。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRFの色替えを決めた訳ですが(記事)、車庫証明用の書類を持ってディーラーへ。

3年前に続き、S560でマツダに乗り付ける。

 クルマ@NDロードスターRF(3型),  クルマ@NDロードスターRF(2型)

今乗ってるロードスターRFは、初めて残価設定ローンを使ってみましたが(記事)、毎月のルーティーンの支払いは来年3月までで、来年4月の最終支払い額は残価設定された192万5千円。

最終支払いは、もともと車を返却して残債をチャラにするつもりでしたが、先日、ローン会社から最終の支払いを残価分を現金一括で払うか、残価分を再ローンするか、車を返却して残価と相殺するかをディーラーと相談してくれと案内が届いた。

そこで、マイチェン後のロードスターRFを試乗もかねて(記事)、ディーラーへ。