クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRFを乗り継いでから、早いもので6ヶ月点検の時期に。

その前に、お決まりの大阪市内のビルの前で記念撮影。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

今年の5月に、マツダからお客様アンケートご協力のお願いが届いた。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

マニュアル車でニュートラルを確認する時にシフトレバーをカコカコと左右に動かしますが、この時、右に動かす右派と、左に動かす左派に分かれるらしい。

自分はどうやろ?と思いロードスターでチェックしてみたら、だいたい左55:右45ぐらいで、どっちつかずでした。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

NDロードスターのマツコネは Apple Carplayに対応してるので、今の3型に乗り換えてからよく使ってます(2型の時は使わなかった)。

ところが、ロードスターでCarplayを使う上で、ひとつ問題が。。。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

今年の桜は少し早めの3月には満開になりましたが、あったかい日には屋根を開けて走ると気持ちいい。

そんな訳で、桜フォトを撮ってみた。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ダウンサスを入れて少し足回りをいじったロードスターRFですが、慣らしがてら琵琶湖へドライブ。

この時期、屋根を開けて湖岸道路を走ると気持ちいい。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

早いもんで、2台目ロードスターRFも1ヶ月点検。

今回もメンテナンスパックに加入していますが、メンテナンスパックに入ると、新車1ヶ月点検でピットで点検の立ち会いができるというありがたいサービスをしてます。

オフィシャルでピットに入れる機会はあまりないので、うれしくてワクワクしたほど。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRFの車高を少し下げました。

というのは、ドノーマルで乗ってた前の白いロードスターRFの時もタイヤハウスのすき間は気にはなってましたが、まあそのままでも大丈夫かな、というレベルでした。

ところが、色が紺になった今、色のせいなのかタイヤハウスのすき間が目立ち、腰高感というかオフロード感が出てしまい、なんだか「ロードスター・クロス」みたいな。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

ロードスターRF(2型)からロードスターRF(3型)へ乗り換えてみると、オーナーレベルでしかわからないような変化が多く、同じ車なのに似て非なるところも。

まずはわかりやすい見た目のところから。

 クルマ@NDロードスターRF(3型)

最近のマツダ車は、初めからヨーロピアンな音色のホーンが標準装備されている車種が多いのですが、ロードスターRFには未だ丸いお皿の「ピーピー」と鳴るホーンが付いてます。

前車2型ロードスターの時は、納車前にアクセラ用の純正ホーンを部品で取ってもらい、ホーンを交換した状態で納車してくれてたんですが、どうも最近は環境性能割(旧自動車取得税)の課税逃れを指摘されるので、納車前に部品を取ることができなくなったらしい。

納車前に取り付けるならその分も税金取るぞ!ということのようで。

てな訳で、納車後にホーンを発注。